GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ブログBlog

Infor BI の特徴とは ~ 入力できる充実した計画機能 ~

Infor BI の入力できる充実した計画機能

前回の記事の中で、Infor BI の強みで記述しましたが、「入力できる充実した計画機能」が他の BI ツールとして大きな違いとして挙げられます。

Infor BI は多次元キューブデータに対して、売上予算や経費予算などの計画値を入力できることが特徴で、例えば、部門別に入力した売上予算、経費予算、人員計画を集計/計算することで、全社の損益計画を作成することが可能になります。

inforbi_002

さらに、計画データの計算方法は計画の種類ごとにバージョンとして設定が可能で、同時に複数バージョンを管理することが可能となっています。

売上予算であれば、前年実績ベースの目標バージョン、直近の売上から算出した見込みバージョン、市場動向・シェアから計算するシミュレーションバージョンなど、様々な種類の予算をバージョンとして管理することができます。

inforbi_003

コメント入力による定性的情報の付与

キューブデータに対して入力が可能なことが Infor BI の大きな特徴ですが、入力できるのは数量・金額などの数値データだけではなく、コメントの入力も可能となっています。

この機能により、計画・実績といった定量的な情報だけでなく、差異理由・今後の見込みといった定性的な情報も保持することができ、コメントを活用した多様なダッシュボードやレポートを用いることで、連絡ミスを防止し、コミュニケーションの活性化に役立てることができます。

inforbi_004.fw

※ Infor およびデザインマークは、インフォア・グローバル・ソリューションズまたはその関連会社の商標および/または登録商標です。
※ その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※ 記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。