GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ブログBlog

QlikView : クロステーブルの取り込み

クロステーブルは、カラムとローで構成された双方向テーブルをさします。ほかの言い方として、ピボットテーブルや多次元テーブルとも呼ばれることもあります。

今回このような縦横に軸を持つようなクロステーブルの取り込み方法について紹介いたします。
まずは、下図のようなエクセルファイルを用意します。

まずロードスクリプトの画面から取り込むエクセルファイルを指定します。
指定した後、「次へ」を押下します。

その後、右上にある「クロステーブル」を押下します。

下図の画面では「縦軸の行数」、「横軸の名称」、「データ項目の名称」をそれぞれ設定します。

その後、「終了」を押下すると、下記のようなロードスクリプトが記載されます。

最後に「F1」の項目の名称を「年」に変更します。

リロードを行うと下記のような形式でデータを取り込むことができました。

クロステーブルを取り込み分析する際は是非お試しください。

※ Qlik、QlikView、Qlik Sense、NPrinting、QlikTech は、QlikTech International AB の商標または登録商標です。
※ Microsoft、MS、Windows、Windows Server、Excel、Access および PowerPoint は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
※ その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※ 記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。