GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ブログBlog

SAP Analytics Cloud:Predictive Analytics機能で予測をしてみる

まえがき

前回、弊社ブログにてSAP Analytics Cloud(旧名称 SAP Business Objects)の概要と、「Business Intelligence/ビジネスインテリジェンス機能 」についてご紹介しました。

SAP クラウドソリューション – SAP Analytics Cloud

今回は、まだご紹介していない機能の中で、「Predictive analytics/予測アナリティクス機能」にスポットをあてて、どのように使うのか、どのようなことができるのか、どのようなアウトプットが見られるのかをお話しします。

PA機能/実際にやってみた

SAP Analytics Cloudには「Predictive analytics/予測アナリティクス機能」が標準機能として備わっています。今回は、Predictive analytics/予測アナリティクス機能を使用し、時系列データの予測分析ができるチャートを作成します。

作業のステップは3つに分かれます。

Step1: 分析対象のデータをロードする

Step2: 時系列折れ線グラフを作成する

Step3: 予測分析を実行する

では、早速始めてみましょう。

Step1: 分析対象のデータをロードする

使用するデータを準備し、ロードします。今回はローカルPCにあるデータ(部門ごとの売上実績データ)をSAP Cloud Platformにアップロードし、データソースとして使用します。

Predictive Analytics機能で予測をしてみる1
使用するデータ

データをロードする際のデータ型の設定に注意が必要です。予測機能を使用するためには、予測するデータソースが時間軸を持っている必要があります。時間軸に該当する列を選択し、設定します。

Predictive Analytics機能で予測をしてみる2
時間軸の設定画面

ここで少し余談ですが、SAP Analytics Cloudでは時間軸のフォーマットが豊富です。日付の他、年、年月はもちろん、4半期などのフォーマットにも対応しています。

Predictive Analytics機能で予測をしてみる3
時間軸フォーマットのサンプル

Predictive Analytics機能で予測をしてみる4
上図の赤線内のように、項目ラベルの横にカレンダーマークがついていれば、項目を時間軸として設定できている証拠です。

Step2: 時系列折れ線グラフを作成する

データロード終了後、折れ線グラフを作成します。予測機能を使用するためには、時系列に対応した折れ線グラフを選択する必要があります。
Predictive Analytics機能で予測をしてみる5

チャートを選択後、軸項目と数値項目を設定します。
時間軸として「年月」。その他の軸として「グループ」を選択し、数値には「売上高」を設定します。
Predictive Analytics機能で予測をしてみる6

Step3: 予測分析を実行する

チャート右側のメニューより、赤四角部分の予測分析ボタンをクリックし、予測手法を選択します。今回はAutomatic Forecast(自動予測)を選択します。
Predictive Analytics機能で予測をしてみる7

データ量により若干の差はあるものの、数秒~十数秒で予測データが表示されます。

Predictive Analytics機能で予測をしてみる8
上図の赤四角内が、予測データです。

以上で、Predictive analytics/予測アナリティクス機能を使用した時系列分析用のチャートを作成することができました。

考察

SAP Analytics Cloudの予測機能を使用して、真っ先に抱いた感想は「とても簡単!」です。
一般的に、予測分析を行うためには、予測データを作成するロジックを考えデータを作成し、過去推移をあわせて見たい場合には、過去データと予測データを1つのチャート内にうまく描画しなければなりません。
しかし、SAP Analytics Cloudでは予測データを作成するロジックが用意されています。また、過去推移と予測データを1つのチャートを見るために、難しい設定は一切必要ありません。
「チャートを作成して、予測分析ボタンを押す」これだけですべてが完了します。このお手軽さは非常に魅力的です。

まとめ

前回と今回でSAP Analytics CloudのBusiness Intelligence/ビジネスインテリジェンス機能と、Predictive analytics/予測アナリティクス機能についてご紹介しました。
SAP Analytics Cloudは機能が多く、まだまだ紹介したい機能がたくさんあります。
次回のブログ更新を乞うご期待ください!

※ SAP 及び SAP ロゴ、SAP BusinesObjects、その他の SAP 製品は、ドイツ及びその他の国における SAP AG の商標または登録商標です。
※ その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※ 記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。