GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ERPMaterial Requirements Planning

ERP導入支援サービス

サービス概要

BI-見える化–の導入は、ERP導入後、もしくはERPの運用が確立できた時点で行われます。そのため、BI-見える化–の導入を開始すると、重要業績評価指標(KPI)に対して必要なデータがそろわず、ERP側への追加作業が発生や非効率な人的作業によるデータソースの用意など、想定しないコストやリソースが発生します。

グランバレイは長年、BI-見える化-の実現をしてきました。グランバレイの「ERP導入支援サービス」は、クライアントの視点で見える化を見据えたERPの導入を支援します。プロジェクトの初期段階で「見える化」を意識することにより、グローバル経営管理に対応した企業の経営基盤と迅速な意思決定サイクルを実現します。

BI-見える化-導入における問題点

BIによるデータ分析を意識した
ERPデータ構造の設計が重要

矢印

BIを意識したERPデータ構造設計の概念図

BIによるデータ分析を意識したERPデータ構造の設計手法のメリット

  • グローバル経営管理に必要なマスターデータの整備とコード体系の統一化が可能
  • グローバル共通の管理軸に必要なデータ項目をERP導入時から整備が可能
  • オープンデータ、ビックデータなどと経営データを組み合わせた将来を見通した柔軟性が高い分析基盤
  • 将来を見越したデータソースを確保することで、ERP側の改変によるコスト増やリソース負担を削減

ERP導入支援サービスの流れ

基本構想策定段階で、業務の見える化を考慮したERPの構築を実施します。また、必要に応じて、BI–見える化-構築を行うこともできます。その結果、

  • ERPを導入段階で、早期にアイスバーグアプローチによるBIの見える化を進めます。
  • ERPの開発フェーズで、データソースの仕様を確定します。
  • ERPリリース後、BIも短期間でリリースします。

ERP導入支援サービスのフロー図

お問い合わせはこちら