GRANVALLEY

GRANVALLEY

マネージャー 篠原 大地 2012年入社 / キャリア採用
システムコンサルティング部所属

変化していける企業でチャレンジしたかった

前職ではSIerでシステムエンジニアとして働いていましたが、企業グループや所属部署のパワーバランス上、長期にわたり同じような業務が続くということが見えてしまったことが転職の動機です。安定はあるかもしれませんが、保守的な企業で決められた運用業務を行うだけではなく、社会の流れを把握しながら変化していける企業で、さまざまなチャレンジをしたい気持ちがもともと大きく、それが転職の軸になりました。

さまざまな業務に首を突っ込むことができる

グランバレイを選んだ理由は、前職で担当していたBIやデータ分析に関する業務を活かし、そこから手を広げてさまざまなお客様へバリューを生み出して、自分自身も成長していけるイメージが沸いたことが大きな理由です。また、当時の自分とそんなに年齢も変わらない社員が、活き活きと働いているように見えたことも要因です。今もそうですが、社員の年齢も比較的若いので、大企業なら10年勤めて回ってくる仕事も、グランバレイは自分のアピール次第で回ってくるチャンスがあると面接で言われ、実際にコンサルティングやシステム開発業務だけでなくさまざまな業務に首を突っ込めています。大変なときもありますが、充実していますよ。

外資でも国内企業でも、人間と人間のやり取りは同じ

今、外資系企業を担当しているのですが、外資系企業では回りくどい言い回しや結論が見えない話、要点のわからない説明は煙たがられます。会議やメールがデフォルトで英語だったり、外資で働く日本人のクライアントも比較的定時で帰ったり、といったところが国内企業との違いでしょうか。ただ、クライアントが国内企業でも海外の企業でも、自分の組み立てたロジックでクライアントが納得し、プロジェクトが進み、成果があがったときはやりがいを感じます。法人の所在国の問題ではなく、やはり人間と人間のやり取りですので。

コーポレートサイトへ