GRANVALLEY

GRANVALLEY

リーダー 中一 貴文 2016年入社 / キャリア採用
システムコンサルティング部 東日本2グループ所属

「お客様のために課題を解決したい」その想いで転職

大学院修士課程(電気系)修了後、電機メーカーの情報システム部で社内の販売系基幹システム担当SEとして3年半ほど働いていました。弊社入社後は、SAP ERP開発案件にてプログラム品質向上等を1年ほど担当した後、現在に至るまでQlikView等のセルフサービスBI製品による開発を主に行っています。最近では、AnaplanというCPM製品の案件開拓や社内プロジェクト推進など、多岐に渡る業務を担当させて頂いています。

転職を考えたのは、サービスを享受する側から、コンサルタントとしてサービスを提案・提供する側へ変わりたかったのが最も大きな理由です。社内SEという立場上、自身の顧客となる存在は社内に限られていたのが、社外まで広がることに大きな魅力を感じましたし、これまでと異なり、自身の働きが直接的に自社の売上となることにやりがいを感じて転職を決意しました。

「やりたい」と思えば支援してくれる社風、そこに魅力が

初めて面接を受けた際、とても意欲的な会社だなという第一印象を持ち、直感的にこの会社に入ると面白そうだなと感じました。当時、社内「ロボット開発の勉強会がある」と面接で聞きました。その時に自分自身で「やりたい」という想いがあれば会社が支援してくれそうだと感じて入社することを決意しました。

「新しい領域に常にチャレンジする」ことにやりがいが

入社前、入社後のギャップについてですか? 「意欲的な会社」という印象は入社後も変わっていません。私自身がERP→BI→CPMと新しい領域にチャレンジして行けたのも、そうした社風があってのことだと思いますし、やりがいも感じます。

5年後「部下にチャレンジする機会を示せる管理者へ」

グランバレイにおける五年後の自分像を考えてみました。社外においては、プロジェクトマネージャーとしてチームを率いて遂行し、顧客の課題をスマートに解決できる人材になりたいと考えております。さらに、顧客自身も気づいていない課題を照らし出すことで、その会社をより良い方向へ導くことができる存在でありたいとも考えております。

社内においては、部下にチャレンジする機会を示せる管理者になりたいと考えています。私自身これまで会社から多くの機会を与えて頂いているので、この経験を元に、部下に機会を与え、自ら成長していくきっかけを作りたいと考え、管理者への経験を日々積んでいます。

コーポレートサイトへ