GRANVALLEY

GRANVALLEY

営業 工藤 聡明 2016年入社 / 営業部 営業グループ所属

自分の将来像を考えてくれる会社!

就活中は、企業経営に与える影響度が高い、「経営管理・経営分析システムの導入を行っている」ところに魅力を感じました。そして、実際に面接をしていくうちに、新卒採用のプロセスで関わった方々の人柄に魅かれ、入社を決意しました。会社説明会や採用面談の際に、単純に会社に必要な人材かどうかを判断している様子では無く、私がこの会社にあっているか、入社した後どのようなキャリアを積んで、どのように活躍していく事ができるかなどキャリアプランまでを強く考えてくれている事を実感しました。入社した後も、個々のキャリアについてよく考えてくれている事は感じますし、どの社員も個性があり「相談しやすく」、働きやすい環境で満足しています。

1日の仕事の流れは

外出することが多いのが営業ですが、私の一日の流れをまとめてみました。

8:45 出社後、今日一日の業務内容を確認とメールのチェック
9:00 営業部内での定期ミーティングに参加
10:00 お客様へ提出するため、提案書と見積書を作成
11:30 提携パートナーに向かうため、移動
12:00 提携パートナーの方とビジネスランチ
13:30 新規取引先となるそうなパートナー会社へ向かうため移動
14:00 パートナー会社の担当者と情報交換
15:30 担当しているお客様先へ向かうため移動
16:00 お客様との打ち合わせ。現状の課題を伺うことに・・・
17:15 打ち合わせも無事に終わり、会社へ戻るために移動
18:00 帰社。自社でコンサルタントとお客様とのBIシステムの打ち合わせに同席
19:30 すべての業務が終了したので退社!「お疲れ様でした」

醍醐味は「日頃関われない経営層との直接会話」

営業のやりがいは「さまざまな方とお会いし、会話ができるところ」にあります。さまざまな業種業態の代表や社長をはじめ、経営層の方など普段はなかなか関わる事ができない方々とお話する機会も多々あります。そのような方から直接、会社や経営についての経営課題を聞く事は、外から見ると順調に見える会社もさまざまな悩みを抱えているのだなと勉強になりますし、その悩みを一緒に考えて解決していくことに非常にやりがいを感じます。また、お客様に解決策を提案した結果、喜んでくださったり、提案した会社の業績が実際に上がると最大限のやりがいと喜びを感じます。

経営課題に直接携わるからこそ成長できる

これからグランバレイに入社してくる新卒の方への一言ですか。営業としてお客様に接していると「データが活用されていないこと」に不安をお持ちの方が多いと感じています。このような経営課題に直接携わる機会があるのが弊社の仕事です。
経営に関心がある方、データ分析に関心がある方には、非常に成長できると確信しています。不安なこともあるかとは思いますが、私も営業としてどんどん成長していきたいので、共に成長し、お客様への課題解決をしていきましょう!

コーポレートサイトへ