GRANVALLEY

GRANVALLEY

人生の「ミチ」を照らす

社員の成長が、企業を成長させます。
グランバレイは、未知なる社員の未来にヒカリを照らし、
仕事、社会貢献を通じて、社員の自己実現を目指します。

グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用 IT業界という選択

IT業界という選択 グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用

インターネットはすでに、電気や水道と同じようにライフライン化し、私たちの生活には欠かせないものとなっています。
日常生活やビジネスにおいて、ITが占める割合は今後も増え続けると予想され、IT業界の将来は明るいと考えられています。

ITとアナリティクスの歴史

データドリブン経営と言われるデータを利用した経営判断。その歴史を見てみます。コンピュータがビジネスに登場したのは1950年代。のちに大型のコンピュータであるメインフレームが登場し、手書きであった伝票・台帳・帳票が電子化されることで一挙に事務作業の効率化が実現しました。その後、1980-90年代、小型化されたPCとインターネットの登場で、文章のやり取りがFAXから電子メールに変わり、社員のスケジュールや書類が共有化されるなど、ホワイトカラーの仕事スタイルが激変することになりました。

さらに、意思決定にも電子化の波がきます。「非専門家でもデータを活用して意思決定の質を高められる仕掛け」として1989年米国アナリスト、ハワード・ドレスナー氏によりアナリティックスの一つであるビジネスインテリジェンス(BI)を定義し、社内のさまざまなシステムから大量データを集めて、蓄積するデータベースとして「データウェアハウス(DWH)」、さまざまな角度からデータを分析し、可視化するビジネスインテリジェンス(BI)ツールの誕生です。

経営とIT

「オンラインショップで欲しいものが買える」「記念日にクーポンが送られる」など、今日では当たり前になった光景の根底にはIT技術が利用されています。近年では、購買情報や人の行動履歴など大量にデータが作られ、データ分析により人の購買意欲や行動が可視化し、応用することでビジネスが加速しています。このように現代のビジネスにはITが必要不可欠であり、経営にIT活用は切ってもきれない関係であると断言できます。
『ITを戦略的に使いこなし、競争力や生産性の向上を実現し、経営力アップする』この言葉は、経済産業省が定義した「IT経営」の意味ですが、これこそデータドリブン経営の本質と同義となっており、今後も、ITとデータ分析の技術は、ますます重要視されていくでしょう。

新テクノロジーと人が。私たちが未来の経営を変える

テクノロジー業界のアナリスト企業が発行する市場レポートによると、ビックデータ&アナリティクス分野では、年平均成長率 10.8% 市場規模 1兆48,18億9千万と高い市場性を有しており、データを学習しビジネスに活用するAI(人工知能)システム市場は、年平均成長率は60.7%と、アナリティクス分野よりさらに高い成長率を示しています。AI(人工知能)やロボットなどの新テクノロジーの活用は、企業が直面する深刻化する人手不足の解決策として期待されております。

しかし、どんなに新テクノロジーが発展したとしても、それを使うのは「人」です。そして、それを開発するのも「人」です。経営とIT、そしてデータを理解する人材が、今、必要不可欠です。

グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用 GRANVALLEYのしごと

GRANVALLEYのしごと グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用

テクノロジーを駆使して
「みえない」ものを「みえる」ようにする会社

グランバレイは、顧客視点とベンダーニュートラルな立場で、AI(人工知能)や機械学習、データ分析を通してお客様が直面する課題を解決する「データ×経営のスペシャリスト」集団です。

ERPやCRM、センサーから生成されるビッグデータなど、さまざまなデータから集約した「Data Sources」から、「Analytics」「AI(人工知能)」を駆使し、ビジネス上の隠れた法則や未知の知見を発見し照らし出します。

私たちは、データ×経営のコンサルティングを通して、データ駆動型の経営変革と経営改善を実現します。

企業変革を支援するコンサルティングサービス

弊社のコンサルティング業務は、データを駆使して企業の変革を支援する仕事です。
企業が経営を行う上で抱えるさまざまな課題に対し、中立的な立場で解決していきます。そのためには、現状の分析、問題と真因を特定、そこから解決策を考え提示、それを実行することが必要となります。
グランバレイに入社すると、以下の機会を得られます。

  • 変化し続ける最新ITテクノロジーに触れられる環境
  • 企業の経営課題を肌で感じられ、経営層に直接提案できる機会
  • お客様の立場になって、最善策を考え抜く知見
  • 自分の行動や提案によりお客様から評価される実感

営業という仕事

取引先やクライアント企業の経営課題に対して、弊社のソリューションや人材の提供など解決策を提案をし、注文を受けるのが仕事です。クライアントへの提案、顔合わせ段取り、受注後のフォローアップまで全てのフェーズを携わることができ、さらに、提案した企画が採用されたさいには「お客様に役に立った」と心底思える、やりがいと、クライアントである経営層と共にその企業の課題を解決している実感を得られます。

システム営業部 / 工藤 聡明

醍醐味は「日頃関われない経営層との直接会話」

営業のやりがいは「さまざまな方とお会いし、会話ができるところ」にあります。さまざまな業種業態の代表や社長をはじめ、経営層の方など普段はなかなか関わる事ができない方々とお話する機会も多々あります。そのような方から直接、会社や経営についての経営課題を聞く事は、外から見ると順調に見える会社もさまざまな悩みを抱えているのだなと勉強になりますし、その悩みを一緒に考えて解決していくことに非常にやりがいを感じます。また、お客様に解決策を提案した結果、喜んでくださったり、提案した会社の業績が実際に上がると最大限のやりがいと喜びを感じます。

1日の仕事の流れ

8:45 出社後、今日一日の業務内容を確認とメールのチェック
9:00 営業部内での定期ミーティングに参加
10:00 お客様へ提出するため、提案書と見積書を作成
11:30 提携パートナーに向かうため、移動
12:00 提携パートナーの方とビジネスランチ
13:30 新規取引先となるそうなパートナー会社へ向かうため移動
14:00 パートナー会社の担当者と情報交換
15:30 担当しているお客様先へ向かうため移動
16:00 お客様との打ち合わせ。現状の課題を伺うことに・・・
17:15 打ち合わせも無事に終わり、会社へ戻るために移動
18:00 すべての業務が終了したので退社!「お疲れ様でした」

グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用 採用情報

採用情報 グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用

募集概要 2021

募集職種

営業職

職務内容

弊社に所属しているコンサルタント、エンジニアやパートナーメンバーのプロジェクト獲得及び参画調整業務をご担当いただきます。新規プロジェクト獲得や既存のエンドユーザーやコンサルティングファーム及びSierが主な商談対象となります。

【主な業務内容(一部)】

  • 既存顧客、新規顧客に対しプロジェクト獲得のための営業活動
  • 取引先・既存顧客とのコミュニケーションによる情報収集
  • 顧客に対してのソリューション提案活動
  • 取引先への各種提案業務
  • 参画における条件調整
  • 稼働管理
  • 契約締結、請求処理 ほか

採用データ

勤務時間
9:00〜18:00(実働8時間)
勤務地
東京本社
西日本支社
名古屋支社
豊田支社
モデル月収例
学部卒 ※2019年4月実績
基本給:164,700円
職務手当:51,500円
合計:216,200円

大学院了 ※2019年4月実績
基本給:180,100円
職務手当:56,300円
合計:236,400円
基本給
学部卒 ※2019年4月実績
基本給:164,700円

大学院了 ※2019年4月実績
基本給:180,100円
諸手当
【交通費】
交通費支給

【職務手当】
固定残業制を採用しております。
職務手当は、月40時間までの時間外勤務手当として支給します。

学部卒 ※2019年4月実績
職務手当:51,500円

大学院了 ※2019年4月実績
職務手当:56,300円
昇給
年1回(1月)
賞与
年2回 (1月・7月)
休日・休暇
完全週休2日制(土・日)
年末年始休暇(12月30日〜1月3日)
年次有給休暇
慶弔休暇
産前産後休暇
育児休暇
※年間休日120日以上
教育制度
社内研修制度
OJTによるプログラムを各人のキャリアパスに応じて編成・実施
応募要件
全学部・全学科(文理、学部問わず)

グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用 GRANVALLEYを知る

GRANVALLEYを知る グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用

データと人間の力で、明日を見通す。 - See the unseen. -

目まぐるしく変化し複雑になる世の中。経営の成否は、いまやデータが握っている。
私たちグランバレイは、Analytics、AI、ERPといったテクノロジーを駆使し、「データ駆動型」の経営革新を実現していくスペシャリストたちがいる。
未来を予測するのではなく、未知の法則を見つけだし、お客様の明日を見通す。
TEAM GRANVALLEY。小さい会社だからこそ創れる、大きな未来へ、あなたと。

データ×経営のスペシャリストがいる。
GRANVALLEY

グランバレイの成長性

売上、社員数ともに年々成長

グランバレイは、リーマンショック以降、年々売上・社員数が増加しています。現在の売上は2014年と比較して約60%増加し、2019年度末には約100%増です。さらに、社員数も着実に増えており、現在は全体で約70名となりました。そのうち約25%が女性社員で、さまざまな場面で活躍しています。

グランバレイは、今後ますます需要が高まると予想されているAnalytics,BIやAIの事業に注力するとともに、時代の変化に合わせて新たな技術に挑戦していくことで、さらなる成長を目指しています。

グランバレイの強み

海外で評価されたベンダーに依存しないデータ×経営のスペシャリスト集団

創業来、顧客視点とベンダーニュートラルな立場で、企業所有のデータソースから、AI(人工知能)や機械学習、アナリティクスツールを活用し弊社独自の方法論を用いたデータ×経営のコンサルティングを通して経営課題を解決してきました。その実績が海外メディアでも高く評価されています。

顧客のために真剣に考え続ける顧客中心主義のコンサルティングサービス

常に顧客の立場に立ち、クライアントの経営課題や業務課題の原因を追求し「価値のある最適解」を導き出す顧客中心主義のコンサルティングサービスを提供しています。その結果、製造、流通、小売などの上場企業をはじめ、成長著しいベンチャー企業まで幅広い業界に実績を有しています。

データ品質にこだわるAI(人工知能)と分析のためのデータ基盤の構築

長年、意思決定に必要なデータの信頼性を担保するためデータの品質にこだわったデータ分析の仕組み作りを支援してまいりました。その長年のノウハウを、AI(人工知能)開発でも、質の高い学習データを用意する仕組み作りに活かしています。

SAP業界においてSAP BIコンサルティング企業としての高い認知と信頼

創業来、SAP社のデータウェアハウスであるSAP BWの利活用をテーマに、データウェアハウスと分析ツールを組み合わせた経営情報分析基盤の構築を得意としており、「SAP BW/BIコンサルティング企業=グランバレイ」として、業界で広く認知されています。

ITビジネス誌APAC CIOoutlook Magazineで2度受賞

2019年 APAC地域での
「Top 10 SAP Consulting/Services Companies 2019」に選出

アジア太平洋地域向けに発行をしているエグゼクティブ向けITビジネス誌、「APAC CIO Outlook Magazine」において、APAC地域の「Top 10 SAP Consulting/Services Companies 2019」に選出されました。数百社の候補企業から審査委員会により「データ駆動型経営への高いノウハウを保持している」などの理由で弊社が選ばれました。(当社に関する記事はこちら

2017年 アジア太平洋地域において最も将来性のある
BI Provider 25社のうち1社に選出

2017年 グランバレイは、「APAC CIO Outlook Magazine」において、アジア太平洋地域での最も将来性のあるBI Provider 25社のうちの1社に選出されました。(当社に関する記事はこちら

グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用 GRANVALLEYの社員

グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用 GRANVALLEYの支援

GRANVALLEYの支援 グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用

次のビジネスにつなげるために - 社内の取り組み -

IoT、ビックデータ活用「モータースポーツアナリティクス」

グランバレイは将来のITのために、研究開発に取り組んでいます。その一つが2017年に始めた「モータースポーツアナリティクス」。SUPER GTのGT300クラスとTCRジャパンに参戦するAudi Team Hitotsuyamaのレースアナリストとして参加。ラップタイムデータによる順位予想や、車両走行データの可視化を通じて、コンマ数秒を競うプロレースの世界でデータ分析によるサポートを行っています。
(詳しくはモータースポーツアナリティクスをお読みください)

AI×ロボティックス 研究

グランバレイでは、東京と大阪のオフィスにヒューマノイドロボット「NAO」(ソフトバンクロボティックス社製)を配置し、社員であれば自由に開発や研究ができる環境を整えています。データ分析業務とのコラボレーションをはじめ、人工知能システムとの接続など、ロボティックスの可能性を研究しています。
(詳しくはAI×ロボティックスをお読みください)

会社が支援する社内プロジェクト

グランバレイは、現在の事業にとらわれず、社員の「社会に貢献したい」という想いを支援します。社員が、「これから役にたつものはこれだ!この知見を得たい!」と提案すれば、社内プロジェクトとして実現することが可能です。今の事業はAIやBI,Analyticsがメインでも、3年後・5年後・10年後には全く違うものに取り組んでいるかもしれません。それは、AIロボットや自動運転システムまたはIoT家具でも構いません。時代に適した事業に取り組んでいく、そのために社員の意欲的な取り組みを会社で支援しています。

福利厚生 / 社内制度

テレワークも可能な仕事環境

Web会議システムやチャットなどクラウド化されたテレワーク環境を用意。いつでもどこでも業務が遂行できるため、コロナ禍では在宅にて業務を行なっていました。

会社支援による社外研修制度

提携する社外研修プログラムから、希望する研修を自由に選んで無料で受講できる制度があります。さらに、業務に活かすためのセミナーなどは、申請により会社支援で受講することができます。

家賃補助制度

拠点オフィスから1キロ圏内に居住をすると会社から住宅手当が支給されます。一人暮らしの社員は本制度を活用し、充実した生活を送っています。

部活動で社員交流

フットサル、ボウリング、ボルダリング等、社員同士の交流目的で部活動を行っています。

育児休暇・育児休暇支援

産前産後休暇、育児休暇など、妊娠・出産・育児を通して社員が働きやすい環境を整えるためにさまざまな取り組みを行っています。

グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用 GRANVALLEYの文化

GRANVALLEYの文化 グランバレイ株式会社 2021年度 新卒採用

気づけば認められる自分、頼られる自分に

人とのかかわり合いを大切にする

グランバレイの社員は、二つの心を持ち合わせています。
その一つは、協調性を持ち、協力や助け合うことを惜しまない心。もう一つは、向上心が強く、好敵手と切磋琢磨しながら自分自身を高めていく心。人に寄りかかるのではなく、人を蹴落とすわけでもなく、相手を尊重しながらお互いを高め合っていく、そのような社員が大勢います。皆が豊かな人生を送るために、人とのかかわり合いを大切にします。

新しいことにチャレンジし続ける

失敗を恐れて何もしないより、たとえ一時は失敗したとしてもチャレンジを続けることが大事だと考えています。早期に失敗を経験し、そこから学んで最適化を図ることができるからです。

社員による社員のための社内改善活動「SMN」

SMNとは「社員満足度日本一」を目指すべく結成した社内改善活動チームです。経営層と共に、社員の成長を高める施策を提案から実行まで行っています。参加メンバーは入社年数が若い社員が多く、「未来のグランバレイ」を考え自分自身で会社を良くしようと活動を行っています。SMNの活動は、社員同士の絆を深め、働きやすい環境づくりを推し進めています。

社員同士でスキルアップを図る社内勉強会

グランバレイでは、スキルアップのため定期的に勉強会を開催しています。勉強会は、有志の社員が交代で講師を務め、自身の知識を他の社員に共有することで、理解を深めています。

「何か」を感じてもらうユニークな内定式

自らの想いや新しい発見を感じてもらうために、型破りな内定式を実施するのも私たちの文化です。
2020年の内定式は、富士スピードウェイ、時速200㎞を超えるレーシングカーの同乗走行、1/100秒の世界を知るモータースポーツアナリティクスなど、新たな体験を通じて、自分たちの心の中で「何か」を感じ取っていただけたと思います。

コーポレートサイトへ