GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ニュースリリースnews release

2020年10月29日 グランバレイ、データ分析で支援。SUPER GT 第6戦鈴鹿!Audi Team Hitotsuyama が今シーズン初優勝

グランバレイ、SUPER GT 第6戦鈴鹿!Audi Team Hitotsuyama が今シーズン初優勝
-レースアナリティックスを用いた完璧なレース戦略により優勝へ導く-

グランバレイ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大谷 泰宏 以下、グランバレイ)が支援する名門レーシングチーム「Audi Team Hitotsuyama」(静岡県富士市、チーム代表:一ツ山 亮次、以下、Team Hitotsuyama)は、2020年10月24日(土)から25日(日)に開催されたSUPER GT第6戦「FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300Km RACE」において、今シーズン初優勝を果たし、さらにドライバーである川端 伸太朗選手と近藤 翼選手もキャリア初優勝を飾りました。

2020 SUPER GT第6戦 SUZUKA1

グランバレイは、2016年SUPER GTに参戦するTeam Hitotsuyamaとデータ分析パートナーとしてスポンサー契約を締結。ラップタイム分析を基にしたレース戦略へのアドバイス、車両走行データとオンボード映像の解析などモータースポーツアナリティクスを通じて、レース戦略の支援をしております。

公式予選、入賞を狙える6位を獲得

2020年10月24日(土)から25日(日)、SUPER GTシリーズ第6戦は第3戦と同じ鈴鹿サーキットにて「FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300Km RACE」が行われ、前回より観客を迎え入れての公式戦となりました。

10月24日(土)、気温20度、路面温度30度と気持ちの良い晴天での予選が行われました。
Team Hitotsuyama は、GT300クラスのA組においてQ1近藤 翼選手(以下、近藤選手)が挑みます。公式練習の最後に走行したニュータイヤとセッティングの改善が功を奏し1分57秒053と好結果。A組4番手でQ1を突破します。続く、Q2では、川端 伸太朗選手(以下、川端選手)にドライバーチェンジをし、1分56秒845とさらに記録を更新、今シーズン最上位の6番グリッドのスタートを得ます。

2020 SUPER GT第6戦 SUZUKA2

決勝、念願の初優勝

10月25日(日)、気温20度、路面温度30度と秋晴れでの決勝。タイヤは前日のQ2で使用されたものですが、長めのスティントに耐えられるコンディションだったこともあり、Team Hitotsuyamaは、ピットストップを伸ばす戦略で決勝に挑みました。
スタートドライバーは、近藤選手が担当。上位2台が順位を下げたことで4番手にポジションを上げます。その後、先頭車両と3位争いを続けましたが、オーバーテイクが難しいことから、チームは急遽作戦を変更。19周を終えた近藤をピットへ呼び戻し、早めに川端選手に交代します。レース21周目、S字での2台のクラッシュにより、セーフティカーが導入されたことで、Team Hitotsuyamaは2番手となり、大きなチャンスが巡ってきます。

25周目レース再開。同時に先頭集団が一気にピットへ入ったことで、Team Hitotsuyamaが事実上2番手となり、その後27周目の川端選手がヨコハマタイヤの温まりの良さを活かし、先頭車両をオーバーテイク。トップの座を手に入れます。
レース終盤、残燃料を考慮し後続を抑えながら燃費走行に切り替え、14時50分、49周でチェッカーフラッグを振られました。その結果、Team Hitotsuyama は2020年シーズン初優勝、2016年11月、SUPER GT 2016第3戦以来4年ぶりのクラス優勝を手に入れました。

Team Hitotsuyamaの一ツ山 亮次代表は次のように述べています。
「まずは、優勝できて本当に嬉しいですしホッとしています。今シーズンは、良い位置にはいるものの、どこかうまく噛み合わないところがあって、表彰台には手が届きませんでした。それだけに、残り3戦のどこかで、表彰台を獲得したいと思っていたのです。とはいうものの、いまのGT300で優勝するのは本当に難しく、完璧なレース運びに、幸運が味方してくれたこの鈴鹿で、4年ぶりに優勝できたのは本当にうれしいです。チームスタッフ、ヨコハマタイヤ、Audi Sport、そしてチームを応援してくださるすべての皆さんに、本当に感謝しています。川端と近藤の初優勝を支えられたのもうれしいです。
また、グランバレイ株式会社様のデータ分析がなければ、今回の優勝は難しかったと考えています。リアルタイムでの情報、レース戦略についてのアドバイスは今となっては欠かすことができません。
今回の優勝をうけて、次のもてぎはウェイトハンディが27kgから44kgに増えます。それでも、今回のレースを見ているかぎり、上位を狙うことは十分可能ですし、次のもてぎはAudi R8 LMSが得意とするコースです。連続で表彰台を狙っていきますので、引き続き応援よろしくお願いします!」

2020 SUPER GT第6戦 SUZUKA3

グランバレイ「モータースポーツアナリティクス」の取り組み
グランバレイは将来のITのために、研究開発の一つとして「モータースポーツアナリティクス」に取り組んでいます。弊社が長年蓄積をしたデータの可視化技術をモータースポーツ分野に応用。ラップタイム分析を基にしたレース戦略へのアドバイス、車両走行データとオンボード映像の解析などモータースポーツアナリティクスを通じて、1/100秒を競うプロレースの世界でチームを優勝に導くための支援を行っており、新たな「Sports Tech」ソリューションの開発を目指しています。

グランバレイの取り組みについては、以下のURLをご覧ください。
www.granvalley.co.jp/about/about_race_analytics

モータースポーツアナリティックスで弊社データスペシャリストが活躍しております。データ活用が企業の競争力を高める、重要なデータスペシャリストになるためのキャンペーンも実施しております。詳細は以下のURLでご覧いただけます。
www.granvalley.co.jp/recruit_campaign_detaspecialist

【グランバレイ株式会社について】
グランバレイは、顧客視点とベンダーニュートラルな立場で、AI(人工知能)や機械学習、データ分析を通してお客様が直面する課題を解決する「データ利活用のプロフェッショナル集団」です。ERPやCRM、センサー等のIoTなどのさまざまなデータから集約した「Data Sources」から、「Analytics」「AI(人工知能)」を駆使し、ビジネス上の隠れた法則や未知の知見を発見し照らし出します。こうしたデータ利活用のコンサルティングを通して、データ駆動型の経営変革と経営改善を実現します。
詳しくは、こちらをご覧ください。

【Audi Team Hitotsuyamaについて】
1990年にHITOTSUYAMA RACINGとして全日本ツーリングカー選手権に初参戦。その後、全日本GT選手権(現SUPER GT)、全日本スポーツカー耐久選手権(Japan Le Mans Challenge)を経て、2009年からSUPER GTに戻ると同時に、Asia Le Mans SeriesやGTアジアにも参戦し、2011年、レース車両をAudi R8 LMSに変更、スーパー耐久ST-Xクラスでシリーズチャンピオンを獲得するなど、華々しい戦歴を残す。2014年からは、アウディジャパン株式会社とパートナー契約を結び、アウディスポーツの支援を受け、SUPER GTでのチーム名をAudi Team Hitotsuyamaとし、2019年よりTCRジャパンにも参戦。現在に至る。
詳しくは、こちらをご覧ください。

【報道発表に関するお問い合わせ先】
グランバレイ株式会社 マーケティング
TEL :03-3230-1133 

※記載された会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

ニュースリリース一覧へもどる