GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

Granvalleyの強み

Strength of Granvalley

グランバレイは、顧客視点とベンダーニュートラルな立場で、AI(人工知能)や機械学習、データ分析を通してお客様が直面する課題を解決する「データ利活用のプロフェッショナル集団」です。ERPやCRM、センサー等のIoTなどのさまざまなデータから集約した「Data Sources」から、「Analytics」「AI(人工知能)」を駆使し、ビジネス上の隠れた法則や未知の知見を発見し照らし出します。

私たちは、データ利活用のコンサルティングを通して、データ駆動型の経営変革と経営改善を実現します。

グランバレイ 4つの強み

グランバレイは、4つの強みにより究極の経営管理を実現します。

海外で評価されたベンダーに依存しない「データ利活用」の専門家集団

創業来、顧客視点とベンダーニュートラルな立場で、企業所有のデータソースから、AI(人工知能)や機械学習、アナリティクスツールを活用し弊社独自の方法論を用いたコンサルティングを通して経営課題を解決してきました。その実績が海外メディアでも高く評価されています。

データ品質にこだわるAI(人工知能)と分析のためのデータ基盤構築

長年、意思決定に必要なデータの信頼性を担保するためデータの品質にこだわったデータ分析の仕組み作りを支援してまいりました。その長年のノウハウを、AI(人工知能)開発でも、質の高い学習データを用意する仕組み作りに活かしています。

顧客のビジネスを真剣に考え続ける顧客中心主義のコンサルティングサービス

常に顧客の立場に立ち、クライアントの経営課題や業務課題の原因を追求し「価値のある最適解」を導き出す顧客中心主義のコンサルティングサービスを提供しています。その結果、製造、流通、小売などの上場企業をはじめ、成長著しいベンチャー企業まで幅広い業界に実績を有しています。

SAP業界においてSAP BIコンサルティング企業としての高い認知と信頼

創業来、SAP社のデータウェアハウスであるSAP BWの利活用をテーマに、データウェアハウスと分析ツールを組み合わせた経営情報分析基盤の構築を得意としており、「SAP BW/BIコンサルティング企業=グランバレイ」として、業界で広く認知されています。

グランバレイの独自手法 「ハイブリッドBI」と「アイスバーグアプローチ」

エンタープライズBIとセルフサービスBIの長所を生かす「ハイブリットBI」

従来型のエンタープライズBIは、「全体最適化」された全社規模でのBIシステム基盤として、社内統制が取れ自社に合う分析ができる反面、リソースの確保や開発期間もかかるため、現場独自の個別分析ニーズに対応するには不向きな面があります。その短所を埋める方法として、今、セルフサービスBIが注目されています。セルフサービスBIは、現場担当者が試行錯誤しながら、ビジネスに直結できるビジュアライズされた表現豊かな分析ができることが特長です。
このお互いの長所を有効活用したのが「ハイブリッドBI」です。データウェアハウス(DWH)を活用するエンタープライズBIに、現場部門のデータ活用を支援するセルフサービスBIを組み合わせることで、企業内外のデータを使い、スピーディーな経営判断と全社部門のデータ活用を加速します。

例:SAP BWとセルフサービスBIツールの組み合わせによるハイブリッドBI

QlikViewとSAPの連携によるハイブリッドBI概念図

見える化早期実現化手法「アイスバーグアプローチ」

「Analytics」をいち早く実現するには、導入からカットオーバーまでの時間をいかに短くするかが重要です。グランバレイでは、従来型のウォーターフォール手法とアジャイル型開発を活かした、見える化早期実現化手法「アイスバーグアプローチ」を開発。この手法により、お客様に対し実現イメージを明確化させ、最小のコストと最短の期間で「Analytics」を実現します。

アイスバーグアプローチ概念図

究極の経営管理を求めて

新興国の景気減速を背景に世界経済の先行きに不透明感がある中、多くの企業は、新市場への参入や新たな成長分野への投資を進めるなど、企業競争力の更なる強化に向けた積極的な経営を進めています。ITにおいては、クラウド化・ビックデータ・自動化の進展のほか、IoTや人工知能(AI)などの活用による「事業創出」「業務プロセスの抜本的な改革」などの変化が起きています
このように、企業が取り巻く環境は目まぐるしく変化し、多様かつ熾烈な競争が世界レベルで激化している中、将来を見据えて更なる成長につなげるためには、変化への対応力を高め、ビジネスチャンスの拡大に直結する意思決定の迅速化が非常に重要です。
グランバレイは、創業来、顧客視点とベンダーニュートラルな立場で、企業所有のデータソースから、AI (人工知能)や機械学習、アナリティクスツールを活用し、弊社独自の方法論を用いたコンサルティングを通じて経営課題を解決してきました。

究極の経営管理「GRANVALLEY Management Cockpit」

グランバレイの英知を結集した究極の経営管理を実現するコンセプト。それが…

「GRANVALLEY Management Cockpit」

このコンセプトは、スピードが重視される意思決定に必要な経営情報を、「アナリティクス」「AI(人工知能)」を用いて、リアルタイムかつ自動的に分析・可視化を行い、意思決定を支援することを目的としています。
このコンセプトを元に経営管理システムを構築することで、データドリブン経営を実現できます。その結果、意思決定者は、日々レポートを見る必要はありません。必要なとき、必要な場所で意思決定が行えます。

パートナーシップ

パートナー企業様のプロフェッショナルの方々と弊社のメンバーが、「データ」「人」「未来」などさまざまなテーマについて語り合いました。こうしたパートナーシップもまた、弊社の強みのひとつと言えます。