GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

BIBusiness Intelligence

QlikView 製品情報

自由に分析できるインメモリ型セルフサービスBIツール

膨大なデータを簡単な操作で自由に分析できるインメモリ型セルフサービスBIツールです。直感的で分かりやすい操作性に圧倒的な分析力とスピードで、ビジネスを可視化し、意思決定を迅速にします。

特徴

  • 自らデータ分析やリポートの作成できるセルフサービス型BI
  • インメモリ・連想技術を用いた高速集計・検索機能を実現
  • ユーザーが直感的に作成できる分析レポート
  • 独自のロード技術によるデータ取り込みスピード
インメモリ
QlikViewは、すべてデータをメモリに格納するインメモリ機能を搭載。ボトルネックになる分析時のディスクI/Oを完全に排除したことで高速なレスポンスを実現しています。
連想技術
QlikViewでは、関連性のあるデータをつなげていく「連想技術」によりすべてのデータが連動します。これにより従来のBIでは実現が難しかった「関連しない値」の確認や分析ができるようになります。
圧縮技術
QlikViewでは、関連付けを行いながらデータの重複を排除して管理します。従来のBI製品と比べて、元データの1/5~1/20という高い圧縮率により、数億件以上のデータを取り込むことが可能です。
オールインワン
BIツールにおいて良く利用される、ETL、DWH、OLAP、BIツール等のすべてのコンポーネントが含まれ、データベースも不要。QlikViewのみで完全な開発・運用環境を提供します。

QlikView無料ダウンロード

まずは、QlikViewを使ってみてください。「QlikView Personal Edition」 は、個人利用に限定されますが、無料かつ無期限で、セルフサービスBIツールとして、すべての機能をご利用いただけます。
さまざまなデータを組み合わせた分析など、Microsoft Excelの分析機能とはひと味違った分析をご体験ください。

ビジネスで新たな気付きを得るQlikView Personal Edition
無料ダウンロード

ダウンロードの方法

ダウンロードをご希望のお客様は、バナーをクリックしてください。
その後、必要事項をご入力をしていただくことで、「QlikView Personal Edition」をダウンロードをすることができます。
なお「QlikView Personal Edition」は、QlikTech社のQlikView無料ダウンロードページから行うこととなりますので、あらかじめご了承ください。

QlikViewシステム要件

QlikView Desktop

64ビット(x64)
OS Windows 7 x64
Windows 8.1 x64
Windows 10 x64
Windows Server 2008 x64 Edition
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
CPU Intel Core 2 Duo以上を推奨
メモリ 最小4GB(データ量により、それ以上のメモリが必要 ※1
ハードディスク空容量 インストール時に300MB以上の空き容量が必要
セキュリティ Microsoft Active Directory
NTLM
サードパーティー セキュリティ ※2

サポートするWebブラウザ

AccessPoint
QlikView Portal
QlikView for Internet
Explorer (IE Plugin)
QlikView
Ajaxクライアント
Microsoft Internet Explorer 8 ※3
(32ビットプラグイン)
Microsoft Internet Explorer 11 ※4
(32ビットプラグイン)
Microsoft Edge
Mozilla Firefox(最新バージョン)
Apple Safari 9.0、10.0
Google Chrome(最新バージョン)
(Windows / Mac)
Apple Mobile Safari
(iOS 9、10デバイス)
Androidフォン & タブレット
(Google Chrome 5.0以降)

QlikView Server

64ビット(x64)
OS Windows Server 2008 x64 Edition
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2Windows 7 ※5
Windows Server 2016
Windows 8.1 ※5
Windows 10 ※5
CPU マルチコアx64互換
メモリ 最小4GB(データ量により、それ以上のメモリが必要 ※1
ハードディスク空き容量 インストール時に450MB以上の空き容量が必要
セキュリティ Microsoft Active Directory
NTLM
サードパーティー セキュリティ ※2
Webサーバー QlikView Web Server
Microsoft IIS 7、7.5、8、8.5
マネージメント
コンソール
Microsoft Internet Explorer 9、10、11
Mozila Firefox(最新バージョン)
Google Chrome(最新バージョン)
.NET framework 4.5.2以降

QlikView Publisher

64 ビット(x64)
リポジトリデータベース ネイティブXML
SQL Server 2008、2012、2016

Microsoft Office

Microsoft Office
32ビット (x86) バージョン
Microsoft Office
64ビット (x86) バージョン
Microsoft Office 2010 SP2以降 SP2以降
Microsoft Office 2013 SP1以降 SP1以降
Microsoft Office 2016
  • ※1
    QlikViewはインメモリ分析技術を搭載。QlikViewに必要なメモリは、分析に用いられるデータの容量に依存します。
  • ※2
    QlikView Server Enterprise Editionには、サードパティーセキュリティが必要となります。
  • ※3
    Microsoft Internet Explorer 8はプラグインの使用のみがサポートされており、Ajaxクライアントは使用できません。
  • ※4
    Microsoft Internet ExplorerはMicrosoft Windows 8.1までサポートされていますが、Microsoft Windows 10ではサポートされません。以降はMicrosoft Edgeに変わります。Microsoft Windows 10ではプラグインはサポートされません。
  • ※5
    開発またはテスト目的として推奨します。

ライセンス

QlikViewライセンスの種類

QlikViewライセンスの種類

QlikView Server(クリックビューサーバ)ライセンス

ライセンス製品 概要
QlikView Server Enterprise Edition(EE) QlikView サーバーの全機能を提供する標準サーバーライセンス
QlikView Server Small Business Edition(SBE) エントリーモデルの小規模導入向けサーバーライセンス
QlikView Extranet Server(QES) QlikViewを購入した組織外(社外)ユーザー向けのサーバーライセンス
QlikView Information Access Server(IAS) インターネット上への公開のみを目的としたサーバーライセンス
QlikView Test Server テスト・検証目的にのみ使用可能なサーバーライセンス

Client Access License(CAL)ライセンス

ライセンス製品 概要 ライセンスの制限
QlikView
Named User CAL
1ユーザーごとにサーバーへのアクセス権を付与します。このCALを割り当て
られたユーザーは、サーバー側のドキュメントファイルに制限なく利用する
ことができます。
SBE 最小*:5 最大:25
EE 最小*:5 最大:無制限
QlikView
Named Document CAL
サーバーのドキュメントファイル単位に利用できるユーザーを指定することで、
Named User以外のユーザーが指定されたドキュメントファイルを利用できる
ライセンス。
ユーザーが、事前に指定されたドキュメントファイル以外をアクセスした場合も
CALは消費します。
SBE 最小*:10 最大:100
EE 最小*:10 最大:無制限
QlikView Session CAL サーバーへのセッション単位で付与されるCAL。特定/不特定のユーザーにも
適用できます。CALは共有されるため、利用可能なCALが残っていないと
アクセスは拒否されます。1セッションは、実際の利用時間に拘らず、15分の
最少接続時間が保持されます。最大セッション時間は制限されていませんが、
この値は設定変更が可能です。
EE 最小*:1 最大:無制限
QlikView Usage CAL 不特定のユーザーに対し一定期間内(最大60分)の接続回数にアクセス権を
付与するCAL。一度1日ごとに1/28ずつライセンスが回復し、28日経過すると
再度60分利用ができるようになります。
EE 最小*:25 最大:無制限

* CALライセンスを新規、追加で購入いただく場合の、必須購入ライセンス数です。

メンテナンスサポート契約(保守・サポート等について)

メンテナンスサポート契約を締結することで、以下のサービスを受けることができます。

  • QlikViewソフトウェアの導入、操作方法、障害に関するQ&Aサービス
  • APIガイドにある関数の動作に関するQ&Aサービス
  • サービスリリース、パッチおよびバージョンアップの提供
  • 弊社セルフサービスBI実現化サービス(有償)のご提案

初年度は、契約が必須となります。

サポート支援や最新のソフトウェアを使用するためにも2年目以降も継続することをお勧めします。

Qlik Connector powered by SAP NetWeaver – QlikViewとSAPの連携をした「ハイブリッドBI」を実現 –

SAP BWやSAP BusinessObjectsなどは、集中型の定型レポート形式で構築されているため、データの探索や個別の要件ごとのレポートを求めるビジネスユーザーの要望に対し、柔軟に対応することは難しく、また、多様するニーズに対応するために、他のデータソースとSAPデータを統合を考えた場合、巨大なデータになるため、SAP BWなどシステムのパフォーマンスにも影響を与えてしまいます。

Qlik Connector powered by SAP NetWeaverは、SAPとQlikViewをデータ連携することができます。この製品により、パフォーマンスを低下させず多様化するビジネスニーズの分析に、QlikViewを活用したセルフサービスBIを実現します。

QlikViewとSAPの連携によるハイブリッドBI概念図

特徴

  • ERPであるSAP R/3やmySAP、SAP BW、BExクエリからのデータとSAP以外のソースからデータを容易に結合し、分析をすることが可能
  • レポート開発のための時間を削減し、重要なビジネス上の意思決定の必要な情報をタイムリーに提供
  • SAP Integration certificationの取得により、直接SAPシステム内に格納されている重要データを取得可能
  • BIにかかる必要なシステム部門のサポートを9割削減
  • SD、AR、AP、GL、MM、PP、HR、PS、COのモジュールに対してクリックスタート・テンプレート(QlikStart Template)と呼ばれるテンプレートを用意

QlikViewとSAPの連携によるハイブリッドBIモジュール図

売上データ2年分を分析! 瞬時販売分析のすすめ!
QlikView無料体験セミナーはこちら