GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

AI

ビジネスの次の打ち手を支援するAI開発
グランバレイAIサービスは、経営分析の高い知見を持った
データサイエンスのプロフェッショナルが
質の高い学習データ(特徴量)づくりとモデル構築で
精度の高い自動化をワンストップで提供します。

PROBLEM

人的ミス防止と作業効率の向上
属人化と人手不足解消
自社データの有効活用

大量の手書き書類をシステムへ手入力しているが、書類ごとに差異があり、確認作業が発生。一件当たりの処理時間がかかっており、また、見落としも発生している。

複雑な条件の確認や複数システムからの必要情報取得に、毎回手間と時間がかかる結果、見積もり作成に時間がかかってしまうため、成約機会を失っている。

作業現場で撮影した画像を人手により分類ごとに仕分けているが、内容確認が属人化しているため、担当者ごとに分類違いが発生している。

担当者のスキル差異により故障個所の特定と修理に時間がかかることで、顧客への信頼が低下し、組織全体のサービス品質の低下もまねいている。

人材不足により熟練技術者の技術継承が後任にできず、このまま技術が継承されない危険がある。

外国旅行者に対してサービスを提供したいが、英語など外国語を話せる人材が少ないためインバウンドビジネスに手が出せない。

蓄積している自社オウンドメディアの会員情報やアンケートデータ、ホームページのアクセスログを取得しているが、キャンペーン施策に有効活用できていない。

商品陳列や商品ラインナップの適宜変更するなど顧客単価向上の施策を試みるが思ったより効果がでていない。

商品の仕入れが属人化しているため、「読み違い」を起こしてしまい、品切れや過剰在庫が発生し、食品の廃棄ロスが発生している。

SOLUTION

文字認識による自動入力RPAにより作業時間が大幅減

ディープラーニングを使った画像認識により入力項目が書類上どこに記載されているかを特定し、OCR技術と文字認識により精度を高めた自動文字認識と自動入力をするこれらの一連の作業を自動化するRPAシステムを構築。導入により、一人当たりの作業時間が大幅に削減し、対応件数が大幅に増加。

画像認識による見積もり自動作成により成約件数が増加

ディープラーニングを使った画像認識により現行契約書の撮影画像から契約内容を読み取り、読み取った内容から見積プランを自動作成する仕組みをシステム構築。確認作業の大幅減と、短時間での見積書作成が可能になることで、提案件数が増加と伴い成約件数も増加。

画像認識による画像仕分け作業の自動化による仕分けが1/3に短縮

ディープラーニングを使った画像認識により、撮影画像の仕分けを自動化。属人化した作業担当者のノウハウをAIに学習させることで仕分け精度を高め、導入時間に大幅に短縮。本システムを導入したことで、仕分けの作業時間が1/3に短縮。

自然言語処理とリコメンドで修理時間を短縮

自然言語処理を使ってメンテナンス記録を解析・学習し、故障の特定をAIがリコメンド。 「故障している可能性の高い個所」「処置方法」の候補が一覧表示されることで、現場において原因を特定、修理を行うため、サービスの品質が一定され、経験の浅い担当者の平均初回解決率が向上することで、顧客満足度が高まった。

自然言語処理によるナレッジベース構築により技術継承を実現

熟練技術者のノウハウを資料し、その根拠をデータ化。そのデータをもとに自然言語処理を用いて解析することで、全社で利用できるナレッジデータベースを構築した。 このシステムを導入したことで、熟練技術者のノウハウが共有化でき、技術や品質の維持が可能になる。

音声認識による自動通訳機にて、外国人旅行者の取り込み

音声認識を利用した自動通訳機によるシステムを構築。外国人旅行者と社員が自動通訳機を通じて外国語と日本語でコミュニケーションが可能に。その結果、コミュニケーションミスが減り、外国人旅行者を取り込みことに成功。

行動予測により、顧客の行動が可視化されキャンペーンコストが20%改善

自社に存在する会員の基本情報、ホームページのアクセスログ等の行動履歴をもとに、学習データとして用い、次に取る行動予測の機械学習モデルを構築。このシステムにより、カスタマージャーニーが明確化することで、キャンペーン効果は維持しながらキャンペーンにかかるコストが20%改善。

顧客行動予測をもとにした人員配置で売り上げ15%向上

顧客と従業員の行動を映像化しAIで動画認識と行動予測を解析。商品陳列データとPOSデータを組み合わせ、従業員の配置と付近の商品の売り上げの変化を予測する機械学習モデルを構築。この結果をもとに特定の売り場で効果的に従業員を配置することで売り上げが15%向上。

AIによる需要予測で機会損失を防ぐ

過去の販売データを利用しAIで機械学習させ、外部データ(イベント、天気データ等)を収集し活用することで需要予測への因子要員をきちっと把握して近似性を検証。精度の高い需要予測により、商品の適正在庫化することができ、廃棄ロスも抑えることができる。

徹底的にこだわる データ品質! 質の高い学習データと AIモデル開発

GRANVALLEY
AI SERVICES

ビジネスの次の打ち手を支援するAI開発