GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

BIBusiness Intelligence

クラウド名刺管理 Sansan – Qlik 連携ソリューション

Sansan 導入企業における課題

  • Sansan上にある名刺データを顧客マスターとして利用し、分析に活用したい
  • Sansanに登録した名刺データが、社内アドレス帳としてしか活用できていない
  • Sansanを、もっと営業戦略立案やマーケティング施策に活用したい

ソリューション概要

法人向けクラウド名刺管理「Sansan」とリアルタイムで名刺データを取得できる「Sansan API」を通じて、セルフサービスBIツール「QlikView」および「Qlik Sense」とシームレスに連携する、名刺データを活用した分析ソリューション。
「Sansan」の契約企業であれば、「Sansan」が持つ名刺データをもとに、顧客分析や人脈分析はもちろんのこと、社内にある売上情報や人事評価システム、あるいはSFAなどと連携することで、営業戦略立案やマーケティング施策に必要な顧客分析や営業分析など業務に必要なビジネス上のさまざまな分析を自社内で行えます。

主な特徴

Sansan内の名刺データのみで可能な分析例

  • 自分の上司を訪問させていない顧客一覧
  • 後任に引継ぎできていない顧客の一覧
  • 自社内で自分一人しか所持していない名刺の一覧
  • 逆に自分が持っていない名刺の一覧 ほか

Sansan以外の各種データと連携した分析例

  • 売上比率の高い顧客に対して接している社内のメンバー一覧とその顧客担当者の役職一覧
  • 顧客先会社の住所(名刺の住所)を元に仕入先会社とその購入額・費用を地図上に可視化 ほか

システム構成図

活用できる業務/職種/業種

  • 営業活動/営業分析
  • 顧客分析を必要とするマーケティング
  • 経営戦略室 ほか

画面ショット

Sansan-Qlik連携ソリューション 画面ショット1Sansan-Qlik連携ソリューション 画面ショット2

※「Sansan」はSansan株式会社の商標および登録商標です。