GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ブログBlog

リアルタイムBIについて知るべき全てのこと

データが新しく生成されるペースは衰えることを知らず、日々増加し続けています。ビジネスでは毎分ギガバイト単位のデータが生成されていますが、私たちが利用できるデータの比率は増えていません。

データを最大限に利用するため、企業は発生したデータをいち早く分析し、適切な洞察を得る必要があります。蓄積したデータの傾向を把握する既存のモデルと違い、リアルタイム分析では、迅速により良い意思決定をするために、取得した情報をすぐに理解し、活用することを重視しています。その情報が何で、何ができるのかを正確に理解することが重要です。

リアルタイムBIとは?

リアルタイムBIとは、分析・データ処理ツールで、組織が可視化された最新のデータにアクセスするための手段です。最新の情報が、企業のスマートな意思決定と、より良い組織運営を促します。リアルタイムデータを提供するため、Redshift data warehousesのようなストレージプラットフォームやデータの可視化ツール、その他のアドホックな分析ツールなどを使用します。

最適なデータを提供するために、リアルタイムBIでは、ダッシュボードとデータウェアハウスを組み合わせて使用します。これにより、ダッシュボードには、リアルタイムデータと蓄積データを総合的に見せることができます。ダッシュボードに反映されるデータにより、ユーザーはより効率的に業務に必要なデータ分析と予測を行うことができます。

組織にとってリアルタイムBIが重要である理由

本質として、リアルタイムBIは、迅速にデータを理解し活用することで、より良い意思決定を行うためのものです。しかし、企業の経済活動で発生するギガバイト、テラバイト級のデータは、一度ストレージに格納されてしまうと互いのデータの関連性が見えなくなってしまいます。そのために、ビジネス上で有用な情報(在庫や顧客のニーズ、サービスなどの関連した情報)は、発生したらすぐに分析する必要があります。

このニーズに対し、リアルタイム分析やBIは、組織の人間が、使用可能なデータを利用して自分自身で調査を行えるよう支援するものです。これには、既存のデータに対してアドホック分析を行う機能や新しく特定のデータを可視化する機能なども含まれます。特に、リアルタイムBIはより深いトレンドの理解や正確な予測モデル作成を支援することも可能となります。

誰がリアルタイムBIを必要としているか

組織を最適化するためにリアルタイムBIを使用すべき領域は以下の通りです。

  1. 顧客管理
    現在のニーズに沿った、より良く便利なサービスを顧客に提供するためリアルタイムデータを使用します。
  2. ロジスティックス
    より効率的な配送ルートの策定や、サプライチェーンの改善を行います。
  3. 在庫管理
    在庫の増減の確認と、注文する製品の適切な問い合わせが可能です。過去の傾向と組み合わせて分析することで、時間のかかる注文作業を自動化する予測モデルを作成することができます。
  4. メーカー
    機械や生産チェーンからリアルタイムデータを取得し、稼働率やコンディションを確認します。効率や生産性の改善、機械のメンテナンス時の問題を予め解決することが可能です。
  5. リスク分析
    継続的に取得しているインカミングデータを利用して、リスクモデルの修正や、より良い保険やローンなどの財務関連の意思決定に対する問い合わせを行います。

リアルタイムBIのベストプラクティス

リアルタイムBIで最適な結果を得る方法は以下の通りです。

  1. 情報の価値を理解する
    時間が経つにつれて、情報の価値は低下します。BIツールで価値が高いうちに、情報を最適化して、情報の変化をいち早く理解しましょう。
  2. データを扱うための強力な基盤を持つ
    成形されたデータを蓄積するデータウェアハウスと体系化されたデータフローを持つことで、最適な分析をサポートします。
  3. 正しいデータを集める
    リアルタイム分析は、関連性があるデータを利用することで、最も真価を発揮します。状況に合わせて、正確な回答を得ることができるデータに焦点を当てましょう。

リアルタイムBIは組織の意思決定の中心的な存在になりつつあります。リアルタイム分析に必要な環境を整えて、データから最適な洞察を得られる環境を整備することで、ビジネスを加速させましょう。

 

 

この投稿に記載されているすべてのデータは情報提供のみを目的としており、正確ではありません。

本記事は、Sisense社の許諾のもと弊社独自で記事化しました。
https://www.sisense.com/blog/everything-you-need-to-know-about-real-time-business-intelligence/

Sisense は、Sisense Inc の商標または登録商標です。
※ その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※ 記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。