GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ブログBlog

【組み込み型アナリティクス】顧客満足度を高めるユーザービリティ5つのヒント

自社製品やサービスに分析ツールを組み込む「組み込み型アナリティクス」は、データを可視化することで、洞察を顧客に提供します。「組み込み型アナリティクス」により、自社製品に付加価値を与えるだけではなく、企業競争の強化と優位性の向上をもたらし、さらには、データ提供により収益化することができようになります。

この収益化を推し進めるためには、データ戦略の立案と機会の創出を含むいくつか実施しなげればならないステップが存在します。例えば、1)損益計算書とユースケースの構築 2)賛同を得ること 3)パートナーを見つける 4)システムの実装と立ち上げ 5) 立ち上げ後、イノベーションプロセスを繰り返すことで成長させる

設計と実装についてより深く考えてみます。本来、システム導入により企業に新たな価値を提供することを意味しますが、この段階でも、適切な機能を保持し、アクションを推進するためのKPI策定、説得力のあるストーリーを伝えるダッシュボードやレポートなどを複合的に組み合わせることが大切であると考えます。

さらに、データからの収益化を成功させるのに重要であるなから、以外に見過ごされがちなのが、ユーザーインターフェイス(UI)デザイン(またはビジュアルデザイン)です。一貫性があり、シームレスな体験を作成することが重要となります。

シンプルなUI=良いUI

どのように目的を達成するかは、ユーザー自身で理解しているはずです。それを助長するためにも、一貫性のあるデザインにし、ユーザーが直感的に行動を促す美しいデザイン性の高いものにする必要があります。

ブランディングの観点からは、製品やインタフェースが統一されている必要もあります。タイポグラフィ、ロゴ、画像スタイル、配色などは、アプリケーション全体に反映してください。特に、分析ツールを組み込む場合、2つの異なるアプリケーションであっても、エンドユーザーがコア製品と分析の両方を一つの場所でシームレスに体験できることが重要といえます。

以下では、具体的な5つのヒントをまとめてみます。

ヒント1:一貫したブランディング要素を維持する

あなたのブランドは重要です!一貫性のあるビジュアルは、視聴者とより効果的に共鳴します。

これは、分析を顧客に提供する場合も同じです。組織のブランドに合わせて外部のロゴやテキストを変更することにより、サードパーティアプリケーションの痕跡をすべて削除します。ドラッグアンドドロップのUIベースのインターフェイスを利用して設定を変更すると、このプロセスが高速になり、カスタム開発について心配することなく迅速に市場に参入できるようになります。

ヒント2:視覚的な階層を検討する

色は強力なメッセージを伝えることができます。そのため、一貫性を保ち、統一された色を使うことが重要です。たとえば、ブランドの色を青緑色と黒にし、アプリケーションまたは提供する分析ツールの一部を黄色と白にすることは、調和が保たれていない悪い色使いと言えるでしょう。

コーポレートブランドのガイドラインが自社で存在する場合はそれを活用して、分析アプリケーションのプライマリブランドの色、プライマリおよびセカンダリのテキストの色などをカスタマイズします。

自社でブランドガイドラインが存在しない場合は、容易に利用できるカラーパレットセレクターを使用して、カラーパレットを選択します。原色(通常はメインブランドの色)を念頭に置いて自社に適したパレットを作成します。

カラーパレットを使う場合、オプションがあることも確認してください。

  1. プライマリカラー
  2. バナーまたはツールバーのハイライトまたはアクセントカラー
  3. 背景とテキストのコントラストのために、少なくとも2つの明るい色と2つの暗い色

このような方法で色が決まったら、それらを「お気に入り」に追加して、いつでも簡単に呼び出せるようにしておきます。

カラーパレット

ホストアプリケーションの色に加えて、アプリケーションのブランドのカラーパレットと一致するようにデータ分析の表示部分に関わるカラーパレットも変更することを忘れないでください。

変更前変更後

ヒント3:タイポグラフィでブランディングを構築する

タイポグラフィは、デザインを高揚させ、個性を与える重要な要素の一つで、企業ブランドにおいても重要な要素といえます。タイポグラフィにより、アプリケーションに個性を与え、ブランドのトーン&マナーの確立をしながらユーザーに対して注意を引き付けることができます。さらに、一部のフォントでは、スキャンが可能で、読みやすさ、さらにはナビゲーションを改善することもできます。アプリケーションに使用するフォントは、デジタルエクスペリエンス全体で一貫しているか確認してください。

フォント設定

ヒント4:洞察へのステップを最小限に抑える

特定のアクションでクリック数が少なければ少ないほど良いというのが UI / UXデザインの基本です。分析ツールを埋め込むときは、フィルタリングやエクスポートなどのアクションをホストアプリケーションの1つの場所に保持して、ユーザーがアクションを2回繰り返す必要がないようしてください。

ユーザーの立場で考えてください。最初にホストアプリケーションでフィルタリングしてから、分析で再度フィルタリングを繰り返したいですか?もちろん違います。シームレスなユーザーエクスペリエンス(UX)とは、一度何かを行うと、手順を繰り返すことなくアプリケーション全体に影響を与えることを意味します。

これらのエクスペリエンスを実現でき、組み込みも対応するBIツールを選定してください。

組み込み型アナリティックス

ヒント5:実装の容易さに焦点を当てる

優れたUIデザインは優位性を生みます。そのためにも、シームレスで一貫性のあるエクスペリエンスを実装するための社内リソースの確保が必要です。

分析ツールを組み込み際に、開発者のスキルとコーディングを必要とする労力がかかり、市場投入までの時間が長くなります。さらに、長期にわたって維持することも必要となります。たとえば、下位互換性の問題により、アップグレードが面倒になる可能性があります。基盤となるインフラストラクチャを変更すると、コードが破損し、複雑な更新が必要になる可能性があります。

このような煩わしさを回避するには、変更とカスタマイズがすばやく容易に行える分析ソリューションを使うことをお勧めします。

ドラッグアンドドロップですぐに使用できる機能を介して変更できる分析ソリューションを使用すると、新しくリリースされたバージョンをすぐさまに適用できるため、これらの課題を回避できます。さらに、コード、メンテナンス、またはコードを壊す可能性のある変更について心配することなく、社内のリソースをデータの洞察とアプリケーションの機能の開発に注力することができます。

スタンドアロン型分析ソリューションでも同様に

分析ツールをスタンドアロンの製品またはサービスとして提供する場合でも、同様です。特に、分析ツールは信頼性があるブランドとビジュアルストーリーの拡張性を持つ製品を選んでください。

最後に、さまざまな形で提供する自社製品やサービスに分析ツールを組み込むことで、顧客に対しデータを可視化することで、顧客満足度を高められ、企業に対するロイヤリティも向上することができるでしょう。

組み込み型アナリティクスを実施する際に、是非ともこの5つのヒントを活用してください。

この投稿に記載されているすべてのデータは情報提供のみを目的としており、正確ではありません。前もってご了承ください。
本記事は、Sisense社の許諾のもと弊社独自の見解を追加し記事化しております。
https://www.sisense.com/blog/five-design-tips-to-deliver-a-seamless-embedded-analytics-experience/

Sisenseは、Sisense Inc の商標または登録商標です。
※ その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※ 記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。