GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ブログBlog

【社員旅行2019】無人島貸切バーベキュー!~西日本2グループ編~

「思い出に残ることする」を目的にした社員旅行

昨年までの社員旅行は、グランバレイ全社員で行きましたが、今年からは各拠点、各部門に分かれての開催となりました。その理由は、チーム内の結束を深め、今まで以上に「思い出に残ることをする」ためです。

さて、今回はシステムコンサルティング部西日本2グループの社員旅行をご紹介します!

西日本2グループは、「スケール大きく遊ぼう」をテーマに、岡山県にある無人島を貸し切って遊びました!島1つ貸し切るなんて、大人の遊びです。2日目は遊園地にも行ってきました。無邪気に遊ぶ子ども心も忘れません。

※弊社の組織図にご興味ある方は、こちらの組織体制をご覧ください。

西日本2グループは「スケール大きく遊ぶ!」

今回の旅行プランです。時間を気にせずのびのび過ごすために、細々した計画は立てておりません。

【1日目】
「瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA」でバーベキュー

  • くじら島(竪場島)は完全な無人島で、1日1組限定となっています。プライベートビーチもあり、カヤックやSUPなども体験できます。
    島での宿泊も可能ですが、今回は日帰りプランにしました。

【2日目】
瀬戸大橋・瀬戸内海と絶景が見渡せる遊園地「ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド」で童心に帰る

  • 入園料にフリーパスが含まれているため乗り物乗り放題、本場のサンバショーにゲームコーナー、カフェやふれあい動物園、夏にはスライダープール、と色々あり一年中楽しめる施設です。

それでは、2019年11月8日(金)、9(土)の2日間の様子をレポートします。

くじら島

大阪から岡山県玉野市にある宇野港へ。くじら島へは、宇野港から船で向かいます。
船

あいにくの曇り空で寒さが少し心配ですが・・・風を感じながら片道30分の海の旅へ出発です!

出発して約15分、くじら島が見えてきました。まだまだ遠いです。
くじら島

ここからさらに進むこと10分。ついにくじら島に到着です!くじら島をバックに、記念に1枚。
記念写真

船を降り砂浜から階段を上ってすぐの場所にあるのが、海を見渡せるバーベキュー会場です。宇野港出発時点は曇り空でしたが、くじら島上陸時には天候にも恵まれ、バーベキュー日和の快晴でした。
kujirajima

さっそくバーベキュー開始です!食材も色々購入しましたが、やはり、今回のメインは「お肉」です。分厚いお肉を豪快に焼いていきます。なかなか自宅で見ることができない光景に、みんなのテンションもMAX!しかし、ここで問題が。きれいな焼き目はつくものの、分厚いが故になかなか火が通りません。そこは臨機応変に、お肉をカットしキレイに焼き上げていきます。・・・すこし変わったバーベキューになりました。
バーベキュー

その他、用意した食材もどんどん焼いていき、バーベキューを満喫しました!
バーベキュー2

バーベキュー3

そして、バーベキューの合間には今話題のドローン登場です。コントローラーは意外とシンプルで、上下・左右の十字キーのみで操作します。ドローンを適当な場所に設置し、さっそく飛ばすことに!少しコントローラーで操作すると、あっという間に高く上がりました!ただ、高さの調整が難しい。
ドローン

カメラが付いている部分が正面になるため、正面を基準に操作をするのがポイントなのですが、飛ばした瞬間に正面を意識する余裕は無くなります。風にもあおられ、飛んだ瞬間てんやわんやです。しかし、それでも楽しくみんな夢中でした。テレビでみると簡単に操作できそうですが、飛ばすだけも一苦労ということがわかりました。

食後は、無人島一周です。無人島なので、整備されたきれいな道はありません。自分たちで足場を見つけながらの散策です。
無人島

1周、30分~40分程度で周ることができます。途中足場が悪く移動に苦戦する場所もありましたが、きれいな景色をみながらの散策はとても気持ちがよかったです。
砂浜

以上が、無人島でのバーベキューです。時間となり、今度は旅館へ移動です。

※ クジラ島をご存じない方へ、場所はこちらとなります。

瀬戸内海を一望できる旅館で1日の疲れを癒す

夜は旅館に一泊です。今回の宿泊先は、瀬戸内海のすぐ近くにあり、客室からは瀬戸大橋を臨むことができる最高のロケーションです。
瀬戸内海

美味しいごはんに舌鼓を打ち、温泉に入ってのんびり疲れを癒します。露天風呂もあり、とても気持ちよかったです。そして温泉といえば・・・そう!卓球です!ホテルでは味わえない楽しさを満喫しました。
卓球

鷲羽山ハイランド

2日目は、鷲羽山ハイランドに出発です!鷲羽”山”という場所にあるだけに、平坦な道は少なく、坂道・階段の多い遊園地です。メルヘンチックなテーマパークというよりは、歩くだけでいい運動になる健康によいテーマパークという感じです。

そんなテーマパークでの今回の目玉は・・・高さ30m、海抜170mからのバンジージャンプです!バンジージャンプ台からは瀬戸内海・瀬戸大橋を臨むことができ、まさに絶景スポットです。スタッフから説明を聞き、意気揚々と出発です。
バンジー準備

鉄骨の階段を上り、下が透けてみえる足場を進みます。そして、3・2・1!バンジー!
バンジー

無事バンジージャンプ成功です! 瀬戸内海を見る余裕があったかは不明ですが・・・旅のいい思い出ができました。なお、全員は飛ばず・・・勇気ある挑戦者は2名(男1・女1)でした。ナイスファイトです!

そして、地味に怖かったアトラクションはこれです。人気ダントツNo.1の「スカイサイクル」。自分たちで自転車の乗り物を漕いで一周するだけのアトラクションです。解放感のある乗り物で若干心許ない気もしますが、そこは気にせず出発です。出発直後はみんな笑顔で余裕です。
skycycle

しかし進んでいくと、その高さに驚愕です。
skycycle2

最初の余裕は一瞬で吹き飛びました。絶景を楽しめたのも束の間、一番絶叫できる乗り物でした。

旅行を終えて

今回の社員旅行では、仕事場とはまた違ったメンバーの一面を知ることができたことで、よりチームの結束を深めることができました。普段は、自社の事務所で勤務しているメンバーもいれば、お客様先に常駐しているメンバーもいるため、メンバー全員が集まれる機会は多くはありません。だからこそ、今回のように、時間を気にせずゆっくり話をできる場を設け、何気ない会話を楽しむ時間が大切だと感じました。

仕事に限らずですが、何事も一人で行うことは難しく、常に周りの人に支えられて物事が成り立っていると思います。その関係を築くには、やはり信頼が大切であり、その信頼を深めるためにはコミュニケーションが欠かせません。一言二言話をするだけでも、相手との距離感というのは変わってくると思います。これは当たり前のことかもしれませんが、その当たり前を大事にしていかなければと改めて気づきを得た旅でもありました。これからも人との関わりを大切にし、相手のことを想いやった行動のできるチームになれるよう精進していきます!