GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ニュースリリースnews release

2022年1月31日 グランバレイ、SAP ERPのデータ利活用拡大でクリックテック・ジャパンと協業体制を強化

グランバレイ、SAP ERPのデータ利活用拡大でクリックテック・ジャパンと協業体制を強化
– SAP製品向けQlikソリューションの導入・開発支援サービスを拡充 –

2022年1月31日

グランバレイ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大谷 泰宏 以下、グランバレイ)とクリックテック・ジャパン株式会社(東京都港区、カントリー・マネージャー:今井 浩 以下、クリックテック・ジャパン)は、SAP ERPおよびSAP BWのデータ活用領域において協業体制を強化します。DXが推進される今、SAP ERPとその周辺システムのデータ利活用が拡大。グランバレイはデータ統合と活用に課題を持つ企業に対し、SAP製品向けQlikソリューションの導入・開発支援等のコンサルティングサービスを拡充し提供していきます。

「SAP ERP 6.0」が2027年に保守期限を迎え、多くのSAP ERPユーザー企業が「SAP S/4HANA」への移行を進めています。また、この移行をきっかけに、SAP ERPのデータとCRM、e-コマース等のERPを取り巻くSaaS(以下、SAPサラウンド)などのデータを統合し、蓄積したデータから新たな価値を引き出す方法について模索していますが、最善策を決めきれていません。

その最善策の一つとして、クリックテック・ジャパンは「Inventory Management Accelerator」、「Order-to-Cash Accelerator」や「Financials Accelerator」などSAP製品向けソリューションを提供しています。このソリューションは、SAP ERPのビジネスプロセスで生じたデータを蓄積してリアルタイムで可視化、分析するSAP社のデータウェアハウスプラットフォーム「SAP Business Warehouse」(以下、SAP BW)の特性を意識した仕組みになっており、SAP ERPのビジネスプロセスのシナリオを維持したままクラウド上ですべてのデータを統合するデータ分析基盤を実現します。また、事前に設定された「データ統合」「ビジネスデータモデル」「データ分析テンプレート」を利用することで、データ統合や実装にかかるリソースを削減しながら、短期間での導入が可能となります。

グランバレイは、創業来、SAP BWおよびSAP BW/4HANAのデータ活用をテーマに、データウェアハウスと分析ツールを組み合わせた経営情報分析基盤の構築を得意としており、「SAP BW/BIコンサルティング企業=グランバレイ」として、業界で広く認知されています。また、2014年よりクリックテック・ジャパンとセルフサービスBI製品に関する国内販売代理店契約を締結しており、日本の顧客向けに「Qlik Sense」等のQlikデータ活用ソリューションの販売と導入支援を提供しています。

今回の協業体制強化を通じて、グランバレイはSAP ERP、SAP BWとSAPサラウンドのデータ統合と活用に課題を持つSAP ユーザー企業へ対し、SAP製品向けQlikソリューションの導入・開発の迅速化、既存システムとの連携、稼働後の継続的システム改善についてのコンサルティングサービスを拡充します。

クリックテック・ジャパン株式会社 カントリー・マネージャーの今井 浩様のエンドースメントです。
「この度、グランバレイ株式会社様との協業を通じて、SAP ERPのデータ活用ソリューションをさらに展開できることを、心より喜ばしく思います。グランバレイ様には、当社が提唱する『アクティブインテリジェンス』にご賛同をいただき、SAP ERPが有するデータから価値を迅速に引き出し俊敏なアクションにつなげる当社のソリューション群を、お客様の事業環境に合わせてご提供いただけることとなりました。両社はSAPデータおよびSAPサラウンドデータの活用によるSAP投資効果の向上を通じ、お客様の企業価値を高めることに貢献してまいります」

以上

【グランバレイ株式会社について】
グランバレイは、特定のIT製品やベンダーに依存しない中立的な立ち位置で、顧客に寄り添ったコンサルティングサービスを提供する「データ×経営のプロフェッショナル」集団。AIや機械学習、統計解析など、最新のテクノロジーを駆使したデータ分析によって、お客様が直面する経営課題を解決します。ERPやCRM、センサーから生成されるビッグデータなど、さまざまなデータから集約した「Data Sources」から、ビジネス上の隠れた法則や未知の知見を発見し、お客様が進むべき道を照らし出します。私どもは、データ×経営のコンサルティングを通して、データ駆動型の「未来の経営」を実現します。
詳しくは、www.granvalley.co.jp をご覧ください。

【クリックテック・ジャパン株式会社およびQlik Technologies Inc.について】
クリックテック・ジャパン株式会社は、米国Qlik Technologies Inc.の日本法人です。Qlikが描くビジョンは、すべての人がデータおよびアナリティクスを使用してより良い意思決定ができ、非常に困難な課題を解決できる、データリテラシーに富んだ世界です。プライベートSaaS企業であるQlikは、データ、インサイト、アクションの間のギャップを解消するエンドツーエンドのリアルタイムのデータ統合およびデータアナリティクスクラウドソリューションを備えた、アクティブインテリジェンスプラットフォームを提供しています。データをアクティブインテリジェンスに変換することで、意思決定の質を向上し、収益および収益性の向上や顧客との関係性の最適化を実現することができます。Qlikは、世界100ヶ国以上、38,000社以上の顧客に向けて事業を行っています。
詳しくは、https://www.qlik.com/ja-jp をご覧ください。

【報道発表に関するお問い合わせ先】
グランバレイ株式会社
マーケティング
TEL :03-3230-1133

※ Qlik、QlikView、Qlik Sense、QlikTech は、QlikTech International AB の商標または登録商標です。
※ SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はSAP SEのドイツおよびその他の国における商標または登録商標です。
※ その他の記載された会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

ニュースリリース一覧へもどる