GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ブログBlog

物流、サプライチェーン、輸送業界のデータを分析する

輸送・物流業界は、作業プロセスが最も複雑な業界の一つです。この業界の企業は、膨大な情報を集めていますが、データの統合や構造化、また抽出を行うためのシステムがないために効果的に活用できていないことが多いです。

どれ程の量の情報が活用されずに放置されているのかを知るには、輸送・物流企業の社内業務の情報はもちろんのこと、物流部門を受託しているサードパーティ・ロジスティクス企業や、契約している保険会社など多くのパートナーに関する情報についても考える必要があります。これらの社内、顧客、パートナーのデータを統合すると、高度な情報として調査可能となるか、整理できずに失われてしまうかのどちらかになります。

競争の激しい輸送・物流業界の中でトップに居続けたいと望む企業は、日々の業務、流通、販売、車両管理の質を高める方法を見つけ、乱雑なデータに惑わされないようにしなければなりません。この部分こそがビジネスアナリティクスを実装すべき領域です。フルスタックのビジネスアナリティクスプラットフォームを活用することで、内部および外部の業務のパフォーマンスを調査し、特定部分の最適化と収益向上を図るためのデータの掘り下げが可能になります。

Profit Tools社のKPI測定

Profit Tools社の事例は、輸送・物流企業がデータ調査のためにどのようなツールを求めているかがわかる良い例です。Profit Tools社は顧客である運送会社と協力して、移動情報やガソリン量など記録されたライフサイクルデータを分析し、顧客の改善点を特定するサービスを提供しています。5-10%と他業界と比べ非常に低い運送業界の利益率を、顧客の業務に関する情報を提供することで利益率向上につなげています。

一方で、Profit Tools社が遭遇した問題は、KPIを測定し業務を評価する分析システムがないため、特定のルートが実際に有益かどうかを判断できない点でした。顧客は、自分たちの支出と収益の測定はできていましたが、より複雑な分析機能を望んでいました。

Profit Tool社は、a. 顧客が収益計算のためにより多くの情報を求めていること、b. 提供されている基本のレポートでは必要なデータを見つけられず、核心的な問題に取り組むためには十分な機能が備わっていないこと、この二つの課題を把握していました。ここでの真の課題は、データを利用可能にすることではなく、むしろ利用可能だが活用されていないデータをどのように顧客に活用させるかということでした。Profit Tools社は一体どのように自社や顧客に対して、業務上の重要な数値を提供し、最適化すべき領域を見つける手助けをすることができたのでしょうか。

最適化のためのデータ調査

Profit Tools社は、Sisenseを導入することで自社の問題点を解決しました。まず初めに、顧客向けにSisenseを導入し、次に自社業務へ与える影響を見ながら、ツールを全社内部に展開しました。これによりProfit Tools社の顧客は、今まで行うことができなかった分析によってもたらされた独自のモジュールやKPIを得ることができるようになりました。このように、データを調査し、ユーザー自身の最重要課題を明確にすることで、収益構造全体を向上させる可能性を得ることができます。

最適化のためのデータ調査

分析プラットフォームの導入後、Profit Tools社は自社の弱点を発見し、運搬ルートと運送業者の管理を最適化することで顧客の収益増加を実現しました。その最も大きな効果は、単体で収益率が80%増加した燃料部門の合理化によるものでした。

この結果、Profit Tools社は顧客の収益と満足度を向上させることが可能となりました。

輸送・物流企業とビジネスインテリジェンスの統合

この事例は、データをビジネスで活かす素晴らしい例です。企業とその顧客にとって大きな利点の1つが、データの深堀りによって最適化可能な場所が特定できたことです。さらに、その分析結果を顧客と共有する方法や、データソースを統合してレポーティングを合理化させる方法、加えて、より良いデータドリブンな判断を実現するための俯瞰的な視野を与える方法を確立することができました。

 

この投稿に記載されているすべてのデータは情報提供のみを目的としており、正確ではありません。前もってご了承ください。
本記事は、Sisense社の許諾のもと弊社独自で記事化しました。
https://www.sisense.com/blog/data-drill-down-logistics-supply-chain-transportation/

Sisense は、Sisense Inc の商標または登録商標です。
※ SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はSAP AGのドイツおよびその他世界各国における登録商標または商標です。
※ OracleはOracle Corporationおよびその関連企業の登録商標です。
※ その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※ 記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。