GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ニュースリリースnews release

2019年6月17日 グランバレイ、日経BP総研 イノベーションICTラボ主催のセミナーに出展

グランバレイ、日経BP総研 イノベーションICTラボ主催「全社型アナリティクス最前線」に出展
~「全社型アナリティクス最前線」2019年7月5日(金) 大崎で開催~

2019年6月17日

グランバレイ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大谷 泰宏 以下、グランバレイ)は、2019年7月5日(金)に大崎で開催される 日経BP総研 イノベーションICTラボ主催のセミナー「全社型アナリティクス最前線」に協賛し、出展いたします。

ビジネスを熟知する現場の実務者たちがもっと主体的にデータ分析に取り組み、データ活用の成果を最大化する――。「2025年の崖」「2025年問題」が重要なテーマとなっている昨今、企業にとってデジタルトランスフォーメーションの実現は急務です。

これを実現するには、まずデータ駆動型経営にシフトし、誰もがデータを分析できるようデータ分析基盤を整え、データリテラシー教育を行うことが必要不可欠です。AnalyticsやAIの活用によりデータ利活用のハードルが下がってきた今、本セミナーでは、データ駆動型経営に適した「データ活用できる基盤・組織づくり」をテーマにその最適解を探ります。

グランバレイは本セミナーに協賛し、弊社が経営改善を実現した事例を「短期間・低コストで見える化を実現!AIとBIを活用したグランバレイの独自手法とは」と題して講演いたします。

グランバレイ講演内容
『短期間・低コストで見える化を実現!AIとBIを活用したグランバレイの独自手法とは』(講演者:島﨑 暢仁)
企業が競争を勝ち抜いていくためには、データ駆動型経営に変革しなければなりません。しかし、未だ多くの企業では、データを活かしきれていないのが実状です。本セミナーでは、弊社独自の開発手法を用いたデータ利活用を実現するBIツール導入の最適解をご紹介します。

グランバレイブース展示内容
Qlik Senseの2つの事例及びAI活用についてデモを行います。

【事例1】 『製造業の工程進捗一元管理』
・工程別の担当者への確認作業を削減
・計画/実績比較により各工程に適切な人員配置が可能に

【事例2】 『自社データの利活用』
・予実比較により予算計画シュミレーションが可能に
・前年同月比較で実績の伸びを確認できる
・競合分析により事業展開の考察が可能に

【AI活用】
・画像認識等の機械学習とBIツールを組み合わせたデータ分析基盤

 

全社型アナリティクス最前線
全社型アナリティクス最前線 概要

■開催日時: 2019年7月5日(金) 13:00~17:50

■開催場所: 大崎ブライトコアホール - 東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F

■参加定員: 250名 参加無料(事前登録制)

■主催:日経BP総研 イノベーションICTラボ

■共催:クリックテック・ジャパン株式会社

■協賛:
【プラチナ】株式会社アシスト、グランバレイ株式会社、株式会社日立社会情報サービス(ABC順)
【ゴールド】株式会社ビジネスブレイン太田昭和、東芝情報システム株式会社(ABC順)
【シルバー】INSIGHT LAB株式会社

■詳細情報URL https://www.granvalley.co.jp/seminars/11344

以上

 

 

【グランバレイ株式会社について】
グランバレイは、顧客視点かつベンダーニュートラルな立場で、AIや機械学習、データ分析を通してお客様が直面する課題を解決する「データ利活用のプロフェッショナル集団」です。業務改善(BPR)、業務システム(ERP)の導入、そこから得られるデータをはじめ、オープンデータやSNSなど社内外の情報をもとにしたデータの見える化(BI)、統計解析(BA)、さらに人工知能(AI)など新たな技術を組み合わせることで、ビジネス上の隠れた法則や未知の知見を発見し照らし出します。私たちはデータ分析によりクライアント企業の収益性の改善、国際競争力の強化、企業価値の向上を実現いたします。
詳しくは、www.granvalley.co.jp をご覧ください。

【報道発表に関するお問い合わせ先】
グランバレイ株式会社
マーケティング
TEL :03-3230-1133

※ Qlik は、QlikTech International AB の商標または登録商標です。
※ その他の記載された会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

ニュースリリース一覧へもどる