GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ブログBlog

仮想現実-初体験!VR ZONE SHINJUKU

みなさん、こんにちは!
先日、東日本社員の新しい物好きを募って、行ってきました!VR ZONE SHINJUKU!
今回は、VR ZONE SHINJUKUで初めて体験したVR(仮想現実)のレポートをお届けします!

VR ZONE SHINJUKUとは

VR ZONE SHINJUKU

VR ZONE SHINJUKUとは株式会社バンダイナムコエンターテイメントが提供する、最先端技術を活用したエンターテインメント施設であり国内最大級のVR(仮想現実)エンターテイメント施設。
2017年7月14日にオープンしたばかりの、VRエンターテイメント施設の中では最もHOTな場所です!
VR(仮想現実)アクティビティは全部で12種類。4つの色に分けられていて、それぞれの色で1つずつ、好きなアクティビティを体験することができます。
アクティビティでは、空を飛ぶ自転車に乗ることができたり、車いすで廃墟の病棟から脱出したり、かめはめ波を打てたり…?!
視界全体を覆うゴーグルを装着して、まるで自分が違う世界にいるような、不思議な感覚を味わうことができます!

さっそく入ってみます!

VR ZONE SHINJUKU

入場前。
いびつな模様をした建物を前に、これからどんな体験ができるのか、と興奮を隠しきれない弊社社員たちの様子。
施設に入ると、青色に光る幻想的な階段、フロアの中央には、プロジェクションマッピングが駆使された巨大な樹。これでもかという位に、新しい技術がちりばめられており、テンションが上がらずにはいられませんでした!

「さあ、取り乱せ。」 VR体験

VR ZONE SHINJUKU

VR ZONE SHINJUKU
 
数あるアクティビティの中でまず私たちが向かったのは…マリオカート。
小さいころからなじみのあるゲームが、今やVRになるとは、時代の流れを感じますね。
インターネットなどでも話題になっていただけあって、開場早々からかなりの待ち時間になっていました。

シートに座り、ゴーグル、コントローラーを装着し、VRの世界に入ります!
マリオカートでは、ゲームに登場するキャラクターになりきり、カートを運転することができます。
私はヨッシーになりましたが、手元を見ると、まん丸とした4本の指が。なんともかわいかったです。

いざ、レースがスタートすると、マリオカートならではの色々な仕掛けが!
是非みなさんに体験してほしいので、詳細は割愛しますが、ドッスンなどの障害物のリアルな大きさなど、まさにVRという感じです。

ゲームの世界が忠実に再現されていて、想像以上の迫力と、爽快感でした。

VR(仮想現実)以外にも?!

施設にはVR(仮想現実)以外のアクティビティもありました。
VR(仮想現実)を十分に楽しんだ後、最後のチケットをにぎりしめて向かった先は、ボルダリング。
しかし、ただのボルダリングではなく、ここでもプロジェクションマッピングが使われ、壁が崖になったり、異次元空間になったりと、
登るひとも、観るひともワクワクさせるような表現で最後まで楽しませてくれました。
デスクワークで普段からキーボードを打鍵して鍛えている(?)みんなも、ボルダリングが終わった後は、手がプルプルでした。

VR ZONE SHINJUKU

VR ZONE SHINJUKU

いかがでしたでしょうか。
興味を持たれた人は、是非、体験してみることをオススメします!

私たちはこれまで、VR(仮想現実)を体験したことがなく想像していただけだったのですが、今回体験することによって、VRはどんなものなのか?ということを知ることができました。
VRがどういうものなのか、わかることによって、今後のVRに関連するニュースの見方も変わります。

今回はエンターテインメント分野での活用例を体験しましたが、VR(仮想現実)の企業活用はまだまだ研究段階であります。しかしながら、すでに機器運転のシミュレーションや洋服の疑似試着などテスト導入されるなど、さまざまな分野で活用されるのではないかと予想されます。

VR元年と呼ばれた2016年から1年が過ぎた今、この進歩ですから、この先もどうなるのか要チェックです!

最後に、VR ZONE SHINJUKUのオフィシャルトレーラーが公開されております。
どんな映像が流れているか興味がある方はぜひともご覧になってください。

※ その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※ 記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。