GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ブログBlog

BIを利用して医療の効率を上げる3つの方法

医療とそれに関わる分析の世界は複雑で、なおかつ決してミスを起こしてはいけない分野です。

特に、医療関係者は患者の命を扱うため、新技術の導入には否定的な立場をとりやすい傾向があります。しかし、多くの医療機関が医療の質の向上をさせる新技術の導入に踏み切る今、医療業務の効率改善が見込めるビジネスインテリジェンス(BI)の導入を検討する時期に来ています。

ここでは、BIにより医療の最適化を図る3つの方法をご紹介します。

請求の合理化

医療費が不明瞭の場合や緊急事態の場合など、患者は当初の予定以上の療養費を工面しなければならず、時にはすぐに工面するのが難しい場合もあります。

そのため医療機関は、事前に治療前後のプロセスを明確にし、医療費がいくらかかるのかを改めて患者に知らせる方法が必要です。このような時こそ、BIを導入すべきです。

医療機関はBIを用いて患者に関するデータを確認し、特定の日付以降に医療費を支払う場合が多い患者、すでに医療費を支払い済みの患者、そして医療費の支払い能力を持たない患者がいるかを確認します。財務部門と回収部門がこのような分析をすることで、患者は理想的なタイミングで支払いをすることができます。そして、医療機関は確実に医療費を受け取ることができ、さらに患者の支払い手順が短縮されることで合理されます。

データの統合

医療機関の中で、多くのデータが利用できるようになるにつれて、BIがデータをシームレスかつ簡単に結合できるようになり、業務の効率化も進みました。Electronic Medical Records(EMR)、部門別データ、財務データなどのデータを統合することで、これまでにない可能性を秘めた経営指標とその洞察を得ることが可能です。

また、データを視覚化することで、すでに集計しているデータに新たな基準を加えることができます。例えば入院部門やERからのデータを組み合わせることで、ERに入院している患者数とその平均に基づいて、患者が病院に滞在する時間や病院のリソース使用率などをより正確に知ることができるようになります。

患者と手続きのライフサイクルの改善

患者へのケアの改善は、常に医療提供者の心中にあります。しかしまずは、患者とのコミュニケーションや管理方法の改善に焦点をあてることはせずに、プロバイダーにフィードバックすることをお勧めします。

事例として、Advocate Radiologyではクライアントのすべての放射線診断レポートを参照してコーディングを行っています。この会社では、保険会社の好み、例えばどんな手続きが同時に行われるべきかなどを知ることができ、またそれに対してフィードバックを得ることもできます。そのフィードバックを医療関係者に提供することで、患者が異なる手続きのために呼び出される回数を減らすなど、患者のケアの改善につなげています。

まとめ

医療へのBI活用の利点はまだまだ終わりません。EMR、ERP、請求システムなどで収集されるデータ量が増えるにつれて、組織はデータを準備し分析するための強力なエンドツーエンドのビジネス分析が必要となります。BIにより全方位の視野を手に入れることで、プロバイダーから患者までのあらゆる点で利益がもたらされます。

 

 

この投稿に記載されているすべてのデータは情報提供のみを目的としており、正確ではありません。

本記事は、Sisense社の許諾のもと弊社独自で記事化しました。
https://www.sisense.com/blog/3-ways-bi-can-improve-efficiency-in-healthcare/

Sisense は、Sisense Inc の商標または登録商標です。
※ その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※ 記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。