GRANVALLEY
データであなたの「ミチ」をてらす

GRANVALLEY

ブログBlog

人々による、人々のためのデータ分析の可視化

脳神経のうちの3分の2が、あなたのイメージを理解する手助けをしていることをご存知ですか?一般的に、数字の一覧から傾向を見つけることは不可能だと考えられています。では、数字が線の長や棒の高さ、色合いで示されていれば、どうでしょうか?実は、人々は、ビジュアル化されることにより、傾向が把握できるようになります。

データ分析と可視化では、分析結果を理解しやすくするために、上で紹介したビジュアル手法を用います。折れ線グラフ、棒グラフ、円グラフはよく使われていますが、そのほかにも、情報から伝わるために、シンプルかつ効果的に示す方法がたくさんあります。特に、理想として、データ分析アプリケーションは、専門家だけでなく、初心者にとっても使いやすいものであるべきだと私どもは感じております。

すべてのメッセージを取得する方法

データ分析と可視化は、物事を明らかにすることです。特に可視化を行うためのルールはとてもシンプルです。

  1. 分析結果を、簡潔かつそのまま示すこと
  2. グラフの凄さよりも、意図を考えさせるようにすること
  3. データ分析のさまざまな面を、視覚的に比較させること
  4. 大まかな要点から明細まで、さまざまなレベルでデータ分析ができること
  5. 調査、説明、示唆などの明確な目的をもって可視化をすること
  6. 単体のグラフとしても使えるものであること

 

一に機能性、二にデザイン性

基本的なデザインのルールは、機能性とデザイン性で、特に機能性が優先されるべきです。まず、あなたが得たい重要業績評価指標(KPI)を思い浮かべてください。例えば、広告がさまざまなメディアや商品に対してどれくらい役立っているか(広告費用を最大限に活用する方法)を示す目的は何でしょう?また、製造部門の規模が、商品の質や効率性にどれほど影響しているかを調べたいのでしょうか?これらの考察した後に、最も適したデザインを検討します。

データ分析と可視化に対して期待するものは

データ分析ソリューションは、以下の機能を提供することで、今まで述べたことを行なうのに非常に役立ちます。

  1. データセットやアルゴリズムの選択とその可視化作業における使いやすさ
  2. 問題を可視化し最適解を見つけるために、さまざまなフォーマット間でシンプルかつ素早く切り替えができる機能
  3. ドリルダウンのように、より詳しく見ることができるよう閲覧者自身で画面を変更できる機能

これらの機能を使いさらに良い可視化をするにはどうすればいいでしょうか? まずは、分析の元となるデータを管理する必要があります。もし、一つか二つの簡単なスプレッドシートで管理しているのであれば、現在使用中のアプリケーションで対応できるでしょう。しかし、複数のシートで管理しているなら、役立つ分析や可視化を行うために、さまざまなデータソースを整理してモデル化する必要があります。可視化ツールの中には、使用できるデータや、使用方法が制限されているものもあります。これは、実は、高度な分析機能がないからです。もしこれらの制限があまりに大きいのであれば、データ分析プラットフォームの導入など根本的な解決策を考える必要があるでしょう。

ビッグデータ分析の影響

ビッグデータの分析にデータビジュアライゼーションツールを使う場合、効率性を検証することをお勧めします。量(volume)、種類(variety)、速さ(velocity)の三種類のVを用いることで、ビッグデータは実行可能な洞察」を提供することができます。その反面、データ量が増え、組織化が進むにつれて、ユーザー自身が可視化に費やす時間が短くなり、また、開発にIT部門を頼ることで、洞察を得るための流れが遅くなるというボトルネックを発生させるので注意が必要です。

データ分析主義

これからは、一般のユーザーが自分自身で必要な洞察を得ることができるセルフサービスツールが主流となります。企業が急速に変化する市場やニーズに対応するためにも、幅広いソースからデータを統合し、自然言語で分析し、同僚と分析結果を共有できるシンプルな方法がますます重要になっています。

有益なデータ分析と可視化の利点は数多くあります。はじめに、現在の傾向を簡単に見つけることが可能です。例えば、グラフで都市の規模に応じて、消費者の好みがどのように変化しているかを表し、将来の販売計画を手助けすることが容易にできます。

次に、一般ユーザーでも簡単に分析できるので、より自由なデータ検索が可能になります。例えば、どの製品が最も売れているかを示し、その製品とともに売れている関連製品を探すことなども可能となります。

最後に、他者と分析結果の共有を行うこともより簡単になります。製造業の経営層は、さまざまな工場からの製造費と利益の散布図を把握していますか?可視化ツールを使用すれば、1回または2回クリックするだけで表示し現状を把握することができます。

早くて効果的なデータ分析の可視化

SF映画「マトリックス」のとあるシーンでは、コンピュータスクリーンの前に人が座っています。彼は、何千ものデータシンボルを同じフォント、サイズ、色でスクロールしながら絶えず見ています。新メンバーのネオが彼に何をしているか聞いたとき、彼は、データが表す人々の顔や体を想像していると言いました。このシーンを見て、私たちは素晴らしい想像力の例だと思いました。現実の仕事においては、このような超人的な力は必要ありません。可視化ツールを使えば、どの従業員でもセルフサービスでデータの可視化ができるからです。例えば、SisenseのSingle-Stack™ BI solutionを導入すれば、技術知識や経験の有無かかわらず、だれでもユーザーが満足できるデータ分析を提供するデータ分析基盤を作ることが可能です。

 

この投稿に記載されているすべてのデータは情報提供のみを目的としており、正確ではありません。前もってご了承ください。
本記事は、Sisense社の許諾のもと弊社独自で記事化しました。
https://www.sisense.com/blog/data-analytics-visualization-people-people/

Sisense は、Sisense Inc の商標または登録商標です。
※ その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※ 記事の内容は記事公開時点での情報です。閲覧頂いた時点では異なる可能性がございます。